不思議な色水マジック

                            ホームページへ           


                        ブログ (アメーバ)

            Page          10
           
    このページは  です。 
       11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

           21 22 23 24 25 26


                  アメーバのIDにときどき書き込んでいます。
                   ブログ : http://ameblo.jp/iromizu-com/
                 少ない頻度ですが、是非見にいらしてください。
                 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               こちらのページの方はアメブロにupする前の日記です。
     マジックを作っているときの様子やリリースしたときの記事を日記の形で留めています。
       こちらにあって向こうに無いものと、向こうにあってこちらに無いものがありますが、
      こちらは内容別、話の順になっていて、スクロールだけで見られるようになっています。


              趣旨: 色水マジック(科学マジック)を作っていますが、
              ・不思議!
              ・面白い、 きれい
              ・やってみたい
              と思ってもらえるようなものを作るように心がけています。
           ブログの方はコメントできますので、見てくださった方の意見なども
           頂ければありがたいと思っています。
 
 
 
      ご参考: IEで改行や空白が詰まって表示される場合(空白が表示されない場合)
           はこちらhttp://iromizu.com/FAQ.html#8-11 )
 
 

−−−−−−−−−−−−

2013年6月1日 15:30
 炎の色
 
 
    
 アルコールランプ  フジツボ型(当方命名)  基本の針金型(写真下)


     夏の夜空を彩る花火の色の元 炎色反応。
      この実験は花火の時の余興に最適。
  炎色の引き出し方の基本など、もう少し詳しくは こちら
http://iromizu.com/flame1_set.html#experiment ) まで

 
         
 
    上の動画の炎色の引き出し方(応用編)は こちら
    ( http://iromizu.com/flame1.html#youki2 )まで
 
          

 
夏の理科実験の宿題に使われる方が大変多くいらっしゃいますが、
実はお子さんの理科宿題という名目で、お父さんお母さんご本人が
一緒に楽しんでいるケースが多いようです。
 
夏の夜、花火の余興にもいかがでしょう。 (高校生くらいから 大人まで、
お子さんの実験/演出には必ず大人の方の付き添いを。)
 
 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 男性が女性を誘うときのきっかけの一つになれば良いですね。
 炎色反応は、花火などで盛り上がった後、
 静かになった時の雰囲気を引き出すのに良さそうです。
 
 
 成功パターン:
 m:今夜 河原で花火をやるけど見ない?

 @河原
 m:花火の色はこうして付けているんだよ
 f:いろいろな色があるのね、不思議
 f:どうして炎に色が付くの?
 m: (その理由は下方の説明参照、それぞれの表現の仕方でどうぞ。)
 

 炎色反応は失敗パターンが考えられません。(失敗パターンの詳しくは、
 ルミノールの日記の方でどうぞ。)
 
 屋外で実験する場合は、風で飛ばないよう容器をしっかり固定し、透明な
 風よけを立てて浅いバケツ内で行うなど、入念な準備をしてください。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
 プレゼント用や店頭用に、きれいなパッケージ版もあります。
 
   
  6色セット    7色セット
 
 
 TVの撮影にもご利用いただいたことがあります。
 
 ↑
撮影協力 〜不思議な色の世界〜 色水マジック
 詳しくは こちらhttp://iromizu.com/atogaki.html#flame_torihada
 まで。炎色がたいへんきれいに引き出されています。
(さずが映像のプロ)
 
 
 科学マジックや実験セットは他にもたくさんあります。
 花火と共に 炎色反応 そして ルミノール実験 も夏の夜の余興に
 使えるでしょう。
 

 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  一人に一つのがある
 一人は一つのメッセージを送っている
 
 一度にたくさんの言葉を送っている人もいるが
 ひと概念を捉えようとするため、
 たった一つのメッセージしか届かない
 
 たった1行の言葉 1枚の写真の中にも、
 たくさんのメッセージを込めることができる
 ...注意深く丹念に読み解けば。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 炎色反応は炎の熱エネルギーを受け取って、
 光のエネルギーに変えて送ってくる原子たちのメッセージです。
 
 一種類の原子に一つだけのそれぞれ個性的な色があります。
 たくさんの言葉(光のスペクトル)を送ってくる原子もありますが、
 人の脳はこれを総合して感じた色として捉えるよう処理しているため
 一つだけの色しか感じ取ることができません。

 そして光は多くの種類を混ぜれば混ぜるほど白く見えるようになります。
 多種の光成分の中には、人の目が感じ取れないものもあります。

 単一の光だけのものは鮮やかさ(彩度)の高い原色系の色になり、
 たくさんの色が混合された炎色は、華やかな明るいになります。
 
 

     −−−−−−−−−−−−−−−− 
 男が女を誘うのは生物界の仕組み、自然な行動ですぞ
映画でも花火でも炎色反応でも 何でも、臆せず誘いなさい
  男も女も マジシャンも お笑い作家も 女優さんも
    明るく楽しい話題を作って みんな頑張れ!
     応援してます。...ネタ作り私も頑張ります。
 
                  思議!きれい、やってみたい
            思
ってもらえるようなもの
             い
つも心がけています
              〜
不思議な色の世界
                色
水マジッ
                 管

                  ■ 
                  ◆ 
                  ◆ 
                  ■ 

              http://iromizu.com/
 

 
 
 
−−−−−−−−−−−−
2013年5月20日 23:00

ルミノール
 
         

 
ルミノールは
光り輝くために生まれた
 
ルミノールはそのきっかけを与えられ、生涯の伴侶を探し求める
 
伴侶と出会ったルミノールは、
青白い光に包まれてその生涯を終える
 
きっかけを与えられなかったルミノール分子は、長い長い時を生き続け、
やがて自然の法則に従って 光ることもなく分解し 消滅する
 
 
         
 
 
 
ホタルの飛び交う季節から、残暑の季節まで、人気上昇のルミノール発光
もう少し詳しくは こちらhttp://iromizu.com/Luminol1.html ) まで
 
 
これからの季節、花火の余興にいかが?
花火の後、静まってからやると効果的かな。


失敗パターン:

m:今夜 河原で花火をやるけど見ない?

@河原
m:こんなのもあるよ
f  :何なのこれ?  光ってるけど
f  :変なもの持ってこないでよ  早く捨てて
f  :捨てても光ってる  キモチワルイー
m:光輝くために生まれてきたルミノールが かわいそうだな
f  :何ぶつぶつ言ってんの?


成功パターン:

@河原
m:光る生物っているよね
f  :ホタル?
m:ホタルイカやクラゲも光るものがあるよ
m:キノコも夜光るものがあるんだ
m:こんなのもあるよ
f  :液体?  不思議な光ね
f  :どうして光っているの?
m: (その理由は冒頭の説明参照、それぞれの表現の仕方でどうぞ。)


意中のひとはどちらのタイプですか?
 ※※ タイプと照らし合わせて、ルミノールを演出するかよく考えましょう ※※

男性が女性を誘ったときに、雰囲気を盛り上げるきっかけの一つになれば
良いですね。


     −−−−−−−−−−−−−−−−

男が女を誘うのは生物界の仕組み、自然な行動ですぞ
  花火でもルミノールでも 何でも、臆せず誘いなさい
        男も女も マジシャンも 若い人も
     明るく楽しい話題を作って みんな頑張れ!
 
 
        不
思議!面白い、やってみたい
         思
ってもらえるようなもの
          い
つも心がけています
           〜
不思議な色の世界
             色
水マジッ
              管

               ■ 
               ◆ 
               ◆ 
               ■ 

           http://iromizu.com/

 
 
 
 
 
−−−−−−−−−−−−
2013年5月25日 18:00
 オリエンタル

       


           春はあけぼの
     やうやう白くなりゆく山際、少し
あかりて
       
だちたる雲の細くたなびきたる
 
 
 

ミラクルカクテルのシリーズ「オリエンタル」で作ってみました。
東洋の不思議といった雰囲気が出ていますでしょうか
 
 
        
 
 
 
朝焼けになる前の紫の空と、地平線が橙に染まり始める時のコントラスト。
オリエンタル マジック(...勝手に命名しました。)


長距離のドライブは朝早く出ましょう。
晴れの日東海岸を通ると、オレンジと紫の光景が見られるかも。

写真は初日の出です。夕焼けと違う力強い青紫のコントラストが見られます。
紫立ちたる雲とはこんな雲だったのでしょうか。(写真左の下の方)
(昔の風景はもっときれいだったかもしれませんね。)

 
 
    
                  movieしばらく眺めてみてください。
 
 
 マジックは他にもたくさんあります。
 
 こうしたマジック演出で、男性が女性を飲みに誘うときのきっかけの一つに

なれば良いですね。

 本物のカクテルも、比重の差(※)を利用して、このようなものが作れるかも
しれませんが、だんだん出来てくる、この変化は演出できないでしょう。
 (※:アルコールが多く含まれていると比重が小さく、何か溶質をたくさん溶かすと比重が大きくなります。) 
 
 
 
      −−−−−−−−−−−−−−−
     男が女を飲みに誘うのは礼儀ですぞ。
 男も女も、お笑い作家もバーテンダーもマジシャンも、
    明るく楽しい話題を作ってみんな頑張れ!
         ...ネタ作り私も頑張ります。
 
 
         不
思議!きれい、やってみたい
          思
ってもらえるようなもの
           い
つも心がけています
            〜
不思議な色の世界
              色
水マジッ
               管

                ■ 
                ◆ 
                ◆ 
                ■ 

            http://iromizu.com/

 




−−−−−−−−−−−−
2013年5月11日 22:35

虹の色

 虹の7色の順番 上から言えます?
 急に聞かれると、意外に覚えていないものですね。 

 上
iromizu.comのブログ-rainbow1    これで合ってますでしょうか?   iromizu.comのブログ-rainbw2
 下     赤、橙、黄、緑、青、藍、紫    ? 

このマジックは、最初は赤一色ですがだんだん出来てきます。

ここまでには多少時間がかかるので、今回は動画無しです。
ホームに近日掲載予定です。 

少し違いますが簡単なものはこちら http://iromizu.com/niji1.html

         iromizu.comのブログ-rainbow_3
          注ぎパターンの動画です。


〜 不思議な色の世界 〜
    色水マジック
      管理人



−−−−−−−−−−−−
2013年5月9日 22:49

色水マジック 「アジアンティー」 


昨日の西洋風の赤紅→緑に対し、東洋的な色合いです。
こちらは お茶系風味の → 穏やかな色調の へ変わります。

iromizu.comのブログ-色水マジック「アジアンティー」 mov2
近日全編up予定 http://iromizu.com/index.html

iromizu.comのブログ-色水マジック「アジアンティー」 pic1
東洋の神秘的な雰囲気を出したいが、...どうでしょう。

iromizu.comのブログ-色水マジック「アジアンティー」 mov1


〜 不思議な色の世界 〜
    色水マジック
      管理人



−−−−−−−−−−−−
2013年5月8日 23:06


マジック「アレキサンダー」 (TVドラマ 怪盗ロワイヤルより)


こんばんは、

今回は未公開の新しい手品演出の一部を掲載します。
 (重くならないよう、ごく一部です)

iromizu.comのブログ

前回、「少し面白い演出方法を検討している」と書きましたが、その
うちの一つです。 手先が器用でなくても、初めての方でも、演出に
失敗することはありません。 近日ホームページに掲載予定です。
http://iromizu.com/index.html

で、申し遅れましたが、このマジックのタイトルは「アレキサンダー」
です。 その意味は昔放映されたTBSドラマ「怪盗ロワイヤル」の
初回に登場した宝石「アレキサンダーの涙」にちなんだものです。
実際に「アレキサンドライト」という宝石は、昼と夜とで 緑⇔赤 に色
が変わります。 (当たる光に含まれている色成分に起因するもの)

このマジックに関連しているTVドラマ(怪盗ロワイヤル)への撮影
協力については、詳細をこちらに記載しています。
http://iromizu.com/atogaki.html#ryuta-sama


〜 不思議な色の世界 〜
    色水マジック
      管理人


−−−−−−−−−−−−
2013年4月30日 19:22

色水マジック「ミラクルカクテル」


 色水マジック「ミラクルカクテル」の 「きれいなパッケージ版」を
掲載します。

・不思議!
・きれい
・やってみたい
と思ってもらえるようなものを作ることをいつも心がけていますが、
このマジックはそういう意味で、けっこうお奨めです。
(科学マジックですが、科学に詳しい方でもネタが分からないという
方が多いかと思います。)
 写真のようないろいろな色が現れますが、一瞬なので見逃され
ないよう、お客さんの注意を引き付けて演出します。

 この基本ネタは、他にも極めて多くの色変化パターンに応用でき
ますが、各種取り扱うと大変なので、他の色はプロのマジシャンの
方のご要望や、撮影等に使いたいという場合に個別でご対応を
しています。 (ドラマ撮影などで使用)

 他の変化パターン: http://iromizu.com/more1.html#miracle

 現在は、これまでに作ったものをマジックとして面白く、美しく、
不思議感を出せるような、そんな演出方法を検討しているところ
です。 雰囲気を出すための小道具も重要で、ぴったりしたもの
を集めています。

 このミラクルシリーズの 赤紅→緑 の変化パターンも組み合わせ
たり、他のタネと組み合わせたりして不思議感を出しますが、つなぎ
に必要な特殊な材料(ネタ)も開発しており、徐々に形になってきま
した。


〜 不思議な色の世界 〜
    色水マジック
     管理人

iromizu.comのブログ   iromizu.comのブログ



−−−−−−−−−−−−
2013年6月23日 22:22

花の香りの正体

 花の種類は数々ありますが、どのくらい挙げられますか?

 この中で、さらに香りに優れているものというとかなり限られてきます。
今の季節でいうと何が挙げられますか。

 強い芳香で代表格なものが今の季節6月には多いように思います。
日本では、ゆりくちなしバラがこの季節の代表格でしょうか。
最後のバラは四季咲き性のものが多いですが、6月が一番元気です。
 
 
 花の香りの正体は、花の種類によっては数百種の成分と、
各成分の量を微妙に調整された化学物質です。
 そういうと残念な気もしてきますが、微量成分が香りのアクセントに
なっていて、本物の花の香りを化学物質で再現しようとしても、
あのみずみずしい感じまで再現できたというものではなく、
未だ及ばないというところです。
  バラの芳香の主要な成分 フェニルエチルアルコール
 
 しかし芳香の主要な成分はだいたい解明されていて、その香りを
かぐと、確かにその花の香りを形作る基本になっているものということ
が感じられます。
 芳香成分は常温で反応を進めるため、酵素などを駆使して、植物が
大変な苦心をして作り出しているわけです。 そして、こうした化学物質
が昆虫などにとって良い芳香なのだということを、(おそらく)自身は
その香りをかぐことができないのに何故知っているのか、不思議
なりません。

 

 花の芳香は本来昆虫を引き付けるためにあるものですが、動物で
あるヒトにも良い香りと感じられるのも不思議です。
 ヒトがこうした物質を良い香りと感じるようになっていったのか、
植物がヒトを繁殖・繁栄のためのパートナーとして認め、私たちにも
良い芳香を感じられるように進化したのか、どちらかは分かりません。
 
 また同じ動物でも、イヌやネコは花の香りにはあまり興味が無い
ように思えます。 (ペット動物を飼われている方いかがですか?)

 この辺りの詳細こちらhttp://iromizu.com/hana_kaori.html )に
記載しています。

 1年を通じてみると、他に
 2月 ろうばい、梅、
 3月 すいせん、じんちょうげ、ストック
 
 4月 羽衣ジャスミン、フリージア、ヒアシンス、
 
 5月 スイートピー、橙花、
 6月 ゆり、くちなし、バラ、
 
 7月 マダガスカルジャスミン
 8月 おしろい花
 
 9月 月下美人、
10月 金もくせい、
  といったあたりが代表格でしょうか。
 
 花や、その香りについては、趣味としてまだいろいろ調べていますので、
 他にも芳香の良い花がありましたら、是非コメント欄等にお願いします。
 
 また、代表格として抜けているとか、海外ではこんな香りの良い花が
ある、といったものがありましたら、是非コメント等でお知らせください。
 
 花のお話は、また折に触れて日記に記載していきたいと思います。
 
 
 
 
 
         不
思議!面白い、やってみたい
          思
ってもらえるようなもの
           い
つも心がけています
            〜
不思議な色の世界
              色
水マジッ
               管

                ■ 
                ◆ 
                ◆ 
                ■ 

            http://iromizu.com/




−−−−−−−−−−−−
2013年6月29日 12:30

茉莉花 〜紫〜

 
前回「花の香りの正体」で代表的な芳香花を挙げましたが、5〜6月頃
に咲く重要な花を一つ挙げていませんでした。

日本名は「ニオイバンマツリ」、茉莉花は香りに優れた花に多く付けられ

ているため、この 匂い晩茉莉 もその名をもらっています。 
   
 
茉莉花という名前は、特に芳香に優れたジャスミンの仲間に多く
付けられていますが、このニオイバンマツリもその素晴らしい
芳香で、その名前をもらっているのでしょう。
   
 
咲き始め1日目は濃い紫、2日目(上の写真)は薄い紫、
3日目以降は白い色に変化します。 たくさん咲き始めると
この紫〜白の花が混ざってきてとてもきれいです。
そうしたことから、英名は yesterday-today-and-tomorrow、
kiss-me-quick という名称も付けられています。
 
霜が降りない軒下などでは、日本の暖地で越冬しますから、
最近は庭に植えられている家も多く拝見します。
   

この花の芳香は、香水系と言えばぴったりくるかと思いますが、

私は”下手な”香水よりもこの花の香りの方が perfume に
ふさわしい気がします。 (少々強い香水はくしゃみが出てしまう
ことがありまして。)
 
この花の芳香の主要成分はこれ ↓ ではないか?と思います。
    香りの質から感覚的に感じ取ったものですが

(「花の香りの正体」は http://iromizu.com/hana_kaori.html
 詳細を記載しています。)
 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
しかし、タネの付かない芳香花は多くあり、この花も(日本では?)
タネが付くことはありませんので、この芳香も何のためか、
不思議な気がします。
人類の祖先様と呼べる猿が初めて登場するのは400万年くらい前、
その時から、一部の植物がヒトを繁殖・繁栄のためのパートナー
と考え始めて、ヒトが好むものも兼ね備えるように進化し始めたの
かもしれない、...そういう気がしています。
 
今ではヒトは、有用な植物のタネを取り、適切な場所に蒔き、水と
肥料をやって育て、害虫も退治してくれ、繁殖・繁栄手段の実を
大事に取ってくれる。 さらには品種改良という超特急の進化まで
手伝ってくれています。 植物の繁殖・繁栄・進化のパートナーと
してふさわしい...のか、あるいは(植物に意識があれば)そんな
パートナーはイヤダと言うかもしれませんが。
  
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、最後に「匂い晩茉莉」のと同じ色が見られる 色水
マジックの「パステルジュース」から紫を2種掲載します。
この2色の中間くらいが私は最も良い紫色と思いますが、
微妙に調整して好みの色を作り出せますので、パステル調の色
が好みの方は、微調整に 是非チャレンジしてみてくださいませ。

    

     http://iromizu.com/pastel_juice1.html

紫は他に、ジュースで乾杯!、 色変わりえのぐ、 ミラクルカクテル、
不思議な水の3,5色セット、 虹を作ろう、 でも、それぞれ独特の紫色
が他の色に混じって登場するマジックとして見ることができます。 
 
     −−−−−−−−−−−−−−−
          思議!きれい、やってみたい
       思
ってもらえるようなもの
        い
つも心がけています
         〜
不思議な色の世界
           色
水マジッ
            管

             ■ 
             ◆ 
             ◆ 
             ■ 

         http://iromizu.com/




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 



 手品、実験をもっと見る(レ: クリック)
 他にもいろいろな色と変化が見られます。
 
           


−−−−−−−−−−−−

 以上のお求め方法は、
 「手品をお分けしています」のコーナー
 http://iromizu.com/shop1.html  をご参照ください。

 または「フリーフォーマットメールによるご要求
  ( http://iromizu.com/order-freeformat.html )から。

 費用等はこちら ( http://iromizu.com/shop1.html )をご参照ください。


−−−−−

本サイトは、
科学
の手品、
にあふれた
・さまざまな
といった 「」や「科学」に関係したことがら、に関係したことがらを主テーマとし、ここから関連して、
・香りに優れた色々
の香りの科学
・採集コレクション
彩豊富な 「美しい南フランス」
・高分子の科学科学であそぼう「ペットボトルロケット」
など、いろいろを紹介しています。 是非、本ページのホーム「〜不思議な色の世界〜」をチェック
して、他のページもご覧ください。 (各ページの「HOME」マークもホームにリンクしています。)
 今後も記事を追加していく予定です。 是非お気に入りに登録を。

 ご意見、ご感想などございましたら、是非 enq@iromizu.com までお寄せください。 お待ちしております。

                       (↑ジャンクメール防止のため@を全角にしています。)


 
                   sample (1.色水マジック、 2.科学で遊ぼう より) 
                  
1−85N 不思議な水   不思議な水(5色セット)より    1−60K ミラクルカクテル(色変わりえのぐとの組み合わせ例)

                           2. 科学であそぼう の目次へ

                  
1−2m パステルジュース   1−2m パステルジュース         1−50J 突然ワイン(カラフル)



ノッピーの採集貝コレクション Part-1へ              タネから咲かせた花色々 Part-1へ
        〃         Part-2へ              タネから咲かせた花色々 Part-2へ
        〃         Part-3(1/2)へ           香りに優れた花色々 へ
↑和歌山県の採集貝がたくさん掲載されています。       美しい南フランスの風景へ ('05.7.19 NEW)
ノッピーの採集貝コレクション Part-3(2/2)へ           
↑和歌山県の採集貝(続き) '06.8.15 NEW           2d.花の香りの正体へ ('06.5.28 NEW)
                                      花の香り お分けします。都合により休止中)

種まきおじさんの衝動貝コレクション                
  〃 Part-1(形の良い貝、大きな貝)へ 
  〃 Part-2(色の美しいひおうぎ貝)へ 
  〃 Part-3(ひおうぎ貝の魅力)へ   




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 
 blogの続きはこちらhttp://iromizu.com/bloglll.html )
 
                  ブログ  
 
 Page          10
  
  このページは  です。 
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
 
 21 22 23 24 25 26

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 




                                       

                           


             Copyright (C) 2013  http://iromizu.com, all rights reserved.