不思議な色水マジック

                            ホームページへ           


                        ブログ (アメーバ)

            Page          10

       11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
             このページは 13 です。 

           21 22 23 24 25 26



----------------------------------- 
 

          アメーバのIDにときどき書き込んでいます。
          ブログ : http://ameblo.jp/iromizu-com/
         少ない頻度ですが、是非見にいらしてください。
          -------------------

       こちらのページの方はアメブロにupする前の日記です。
マジックを作っているときの様子やリリースしたときの記事を日記の形で留めています。
  こちらにあって向こうに無いものと、向こうにあってこちらに無いものがありますが、
  こちらは内容別、話の順になっていて、スクロールだけで見られるようになっています。


       趣旨: 色水マジック(科学マジック)を作っていますが、
       ・不思議!
       ・面白い、 きれい
       ・やってみたい
       と思ってもらえるようなものを作るように心がけています。
    ブログの方はコメントできますので、見てくださった方の意見なども
    頂ければありがたいと思っています。
 
 

     ご参考: IEで改行や空白が詰まって表示される場合(空白が表示されない場合)
             はこちらhttp://iromizu.com/FAQ.html#8-11 )
 
 
 

 
 
---------------------
花と野菜の優良品種(3) ~ iromizu.com が栽培した個人的な感想です ~
 
 
---------------------

アーティーチョーク (巨大なアザミの花)
 
 アーティーチョークの花が2輪咲きました。
 

 何とも巨大な花です。 直径20cmくらいあります。 爽やかなスカイブルーの目にも鮮やかな花です。 まだたくさん蕾が付いています。
 株は3年目になるので極めて大きく、直径2m、高さ2mくらいの半球状の空間を占有されてしまいます。
 南フランスでは高級料理として若い蕾を茹でたものが出されていましたので、昨年はこれを食べてみましたが、料理が大変なので高級料理とされているのでしょう。 何とも表現の難しい風味のある食材でした。 マヨネーズがよく合います。

 
 咲き始め                           切り花へ
 
 切り花にしてみましたが、大きすぎて1輪で花瓶が一杯になってしまいます。
 アザミは普通葉にトゲがありますが、これはアザミの仲間でもトゲな無く扱いやすいです。
 
 
 
---
メロン
実が付き始めました。 実が落ちないよう、またカラスに突つかれないよう、この後ネットをかけて両側の蔓を支えます。

 
 
 
----
天狗ナス
 天狗ナスは巨大な実のなる品種です。
 500mlのペットボトルと一緒に撮影してみました。

本当はまだまだ大きくなりますが、地面に付きそうになったので最初の1個は早めに収穫してしまいました。 
味は風味があって、甘みもあり、柔らかくて美味しいです。 
 
 
 
------------------------- 
花と野菜の優良品種(3) ~ iromizu.com が栽培した個人的な感想です ~
 
 このシリーズは、今後 連続ものとしてときどき掲載していきます。
 今回の「花と野菜の優良品種(3) ~iromizu.com が栽培した個人的な感想です~」 はその第3回です。



 ----------
 さて第3回は1か月ほど前に収穫が終わりましたが、次の秋にどの品種を播くかどの品種が良かったかメモしておきたいので、...ソラマメです。
 次の播き時は10月上旬~10月下旬となります。 自分自身も何かこうしたものをまとめて記載しておかないと、結局時間が経つと分からなくなるので、後で検索容易なようにURLリンクをしておきます。(末尾の表
 


 5/21に収穫したソラマメ

 各山は品種ごとに分けています。
 

 茹でたところ 上から仁徳一寸、下左はトーホク、下右は陵西一寸


 今年は陵西一寸(アタリヤ)、仁徳一寸(タキイ種苗)、トーホク種苗のソラマメ(品種名なし)の3種類を作って味比べなどをしましたが、昨年も変わったソラマメを作っており、それらも忘れないうちに記載しておきます。 昨年作ったのは、小粒だけれども1鞘にたくさん入って、鞘もたくさんなるという「トゥーマーミー」(サカタのタネ)と長さやソラマメ「泰斗」(サカタのタネ)です。
 
 結論から言って 「陵西一寸(アタリヤ)」がダントツに美味しいです。 粒も大きくて甘みがあって、他のソラマメにはない甘みの強さでしたので、これは来年はこの品種だけにしてもかまわないなと思いました。 いつもは比較試験をしても結局一長一短で何種類か作ってしまいますが、これは文句なしです。

 小粒だけれどたくさんなるというソラマメの類は、実の薄皮を除去すると本当に中身が小さくて、皮をむく手間が増えるだけでなく、合計の実の量も相当少ない様子でしたので、これも比較対象になりません。 味も特段美味しいという訳ではありませんでした。

品種名  種苗会社  播き時   結果 評価  その他 備考 
陵西一寸 アラリヤイ  10/上旬 大粒で非常に甘みがありく美味しい。 甘くてダントツに美味しい。
仁徳一寸  タキイ  10/上旬 普通のソラマメの味。 花が紫色で美しい。 普通のソラマメ
品種名なし トーホク  10/上旬 普通のソラマメの味。  ○ 普通のソラマメ
トゥーマーミー サカタ  10/上旬 一つの鞘に実が沢山入っているが、実が小さく薄皮を剥くと食べる所が少ない。  △ 実が小さくて剥くのが面倒。
泰斗 サカタ  10/上旬 上に同じ。 実はやや小さい。  △ 実がやや小さく剥くのが面倒
 

 ということで、当方の結論は 「陵西一寸」です。 アタリヤだけでなく、いろいろな種苗会社から出ているようです。
 
 
 ソラマメの花の写真は 以下のURL(過去ログ)にも掲載されています、
 ・フリージア(2) / 未来(運命)(3) / ※(30)
 ・視線(1) / 未来(運命)(1) / ※(23)
 タイトルは全く関係が無さそうですが。
 
 
 ----------
 さて次回は今が一番の旬の「インゲン」と、そろそろ採れ始めましたがもうじき真っ盛りになるエダマメ」の予定です。
 最近あまり更新していないので、いつになるか分かりませんが。
 
 
 
 掲載済/予定種リスト:

名称   種別 播き時  記事記載  記載URL(Ameblo)  備考 
 ダイコン  野菜 秋  花と野菜の優良品種(1) ~ iromizu.com が栽培した個人的な感想です ~
http://ameblo.jp/iromizu-com/entry-12154256066.html
 
カブ 野菜  秋       
コマツナ  野菜  秋      
 スイスチャード 野菜   秋      
 ビート  野菜 秋       
 ブロッコリー 野菜   秋      
 カリフラワー  野菜  秋      
 ソラマメ 野菜   秋  今回 URL確定待ち   
 エンドウマメ(実取り)  野菜  秋 5次元の検証 / コレステロール(2) / 花と野菜の優良品種(2)
http://ameblo.jp/iromizu-com/entry-12157194036.html
 
 ニンジン 野菜   秋      
ネギ  野菜 秋       
       
 トマト  野菜  春      
ナス 野菜   春      
キュウリ  野菜  春      
カボチャ 野菜   春      
スイカ  野菜  春      
メロン  野菜  春      
マクワウリ」  野菜  春      
トウモロコシ  野菜  春      
 エダマメ  野菜  春      
インゲンマメ  野菜  春      
ジャガイモ  野菜  春      
アスパラガス  野菜  春      
         
 花  秋      
   花  秋      
 花  秋      
         
 花  春      
   花  春      
 春      

 
 今後、連続ものとしてときどき掲載していきます。
 そのうち「花と野菜の優良品種(4) ~iromizu.com が栽培した個人的な感想です~」 に続く。

 
 
 
 
 
----------
ミラクルカクテルのカラーバリエーション
 
 黄色からそれぞ紅、鮮やかな黄、青に変わります。
 (左の3つ、動画)

 赤から緑に変わります。(右の動画)
 
 ミラクルカクテルのカラーバリエーションこちら です。
 http://iromizu.com/miracle_rainbow1_set.html
 表示されるページの表中に10種類のカラーバリエーションへのリンクがあります。
 
 
 
 
 
(ブログでは花や野菜などの植物科学マジックいくつかのテーマ同時進行で記載しています。
 植物とマジックはあまり前後関係がありませんが、他の記事の関連は過去記事からどうぞ。)

 
       -------------
過去のブログは こちらhttp://iromizu.com/blogl.html
       からもご参照いただけます。
 
 
       ------------ 
            
            
思議!きれい、やってみたい
             思
ってもらえるようなもの
              い
つも心がけています
               ~
不思議な色の世界
                 色
水マジッ
                  管

                   ■ 
                   ◆ 
                   ◆ 
                   ■ 

               http://iromizu.com/
 
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 
 
 
 
 
---------------------
番外編: Windows10 アップグレード断念
 
 一時期、PCを立ち上げる度にWindows10にアップグレードしろしつこく言われませんでしたか?
 あまりにも強引なので、ユーザから多数のコンプレイン、クレームがきて、国会でも問題は無いのかと取り上げられたらしいです。
 
 Windows10はしばらく様子を見ていましたが、いよいよ8→10へ切り替えるときがきたかと思いやってみました
 結論から言うと3回チャレンジして合計11時間くらいPCを占有されましたが、エラーでアップグレードできませんでした。
 その間PCがこのまま使えなくなるのではないかというヒヤヒヤ感を何度も味わいましたので、もうこりごりです。  アップグレードは断念しました。
 
 しばらくページを更新していませんでしたが、そんなこんなでWindowsと格闘していてPCを使えずにおりました。
 
 
 経緯:
・7/9(土)
 ついにアップデートをかけました。
 2時間ほどして見てみると、エラーはなく、いつの間にか終わっていたように見えました。
 で、立ち上げてみるといつものWindoows8画面でした。
 後で分かったのですが、エラーが出て自動でWindows8に戻す操作が行われていたようでした。

・同 7/9(土)
 続けて何かの更新がインストールできなかったというメッセージが出たので、再試行をクリックすると、ここからがうんざりの始まりでした。

(1)3GBytesほどダウンロードするという内容が表示され、いつまで経ってもDLが終わりません。
 通信速度はもっと速いはずなので、サーバ側が混んでいたのでしょう。 結局3.5時間かかってDLが終わりました。
(2)続いて準備を行うというメッセージが出て1時間ほど待たされました。
(3)その後インストールが始まり、1.5時間ほどかかって完了。
(4)ここまで合計6時間ほどPCを占有されましたが、なんとエラー 0xC1900101 が表示され、元のWindows8に戻す操作が勝手に黙って行われました。 深夜2時半を過ぎていたので、この後はさすがにこのままシャットダウンしました。 その日は8時間を無駄にしました。

・7/10(日)朝、エラーのコードを調べUSB−HDDを外せと出ていたので外して再度チャレンジしました。 エラー 0xC1900101 は何かのサイトには Bios を触ってHDDを無効にする操作も必要と書かれていましたが、さすがにWin10になってから元に戻せない可能性もあるので実行できず、ちょっと不安が芽生えました。
 ・・・今回は長時間のダウンロードがなく一安心したところ、3時間後また同じエラーが出て元のWindows8に戻されました。 ここでSDカードに不具合があるというメッセージが出てフォーマットしますかと聞かれたので、とんでもないですよと回答しました。

・7/11(月)夜、SDカードを抜いて再度チャレンジです。 無線マウスも抜いて、タッチパネルで操作を始めたところ、また3GBytesをダウンロードしますという例の6時間を浪費させられたパターンになったので、もうこれはWindows10は結構ですと丁重にお断りしてアップグレードを中止しました。

 合計11時間PCを占有され、その内の40%くらいをそのPCの前に座らされる羽目に陥りました。
 
 最初に適合性チェックをやっているようなので、エラーが出ないか最初に判定できそうなものですけれどね。
 
 これまでもWindows系のアプリはWordやExcelで的はずれなおせっかい機能にうんざりさせられ、シンプルなメモ帳でさえも頻繁に使う漢字が出てこなくなって、今までに使ったことが一度も無いような漢字がTopに変換されたりと、Windowsにはうんざりしています。
 よって次にPCを更新するときはMACにしようかなと思っています。
 
 
 何年も前ですが、既にインストールしているのに毎回立ち上げる度にしつこく広告を出してきてうんざりだった「ウイルスバスター」も、2ヶ月ライセンスが残っていましたがアンインストールしました。  あの手の「それ自身がアドウェアです」と言っているようなものを無神経に作るところは市場から消えていきますね。
 今回取り上げられたWindows10アップグレード広告も、それと同じような経過を感じます。
 
 
 実は、今この文章は試しにAndroidスマホBlueToothキーボードを繋いで、スマホでDLしたメモ帳アプリJotaで打っています。
 PCからも打ったテキストが読み込めるエディターを使う必要がありますが、またキーボード上のキー対応場所が少し違う部分があって、慣れるまでは多少対応表を参照する場合が出てきますが、変な漢字変換も一切なく、ちゃんと頻度の高い語句やフレーズを学習してくれますので、Win8のIMEとは比較にならないくらい快適に入力できましたよ。
 
 
 今回のアップグレード経緯は少々とどめを刺されたかなという感じでして、Win8サポートが終わるときはWindowsとのお別れのときかなと思っています。
 
 
 以上、番外編でした。
 
---------------------
 

 
 
 
 
(ブログでは花や野菜などの植物科学マジックいくつかのテーマ同時進行で記載しています。
 植物とマジックはあまり前後関係がありませんが、他の記事の関連は過去記事からどうぞ。)

 
       -------------
過去のブログは こちらhttp://iromizu.com/blogl.html
       からもご参照いただけます。
 
 
       ------------ 
            
            
思議!きれい、やってみたい
             思
ってもらえるようなもの
              い
つも心がけています
               ~
不思議な色の世界
                 色
水マジッ
                  管

                   ■ 
                   ◆ 
                   ◆ 
                   ■ 

               http://iromizu.com/
 
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 
 
 
 
 
---------------------
実験 LDLコレステロールと豆乳、オメガ3脂肪酸(3)
 
 <<効果ありです。 ダイエットにも効きそうです。>>
 2016年4月15日(金)の 実験 LDLコレステロールと豆乳、オメガ3脂肪酸(1)
 2016年5月5日(木、祭)の コレステロール(2) 
 の続きです。
 
 生検査をするたびに悪玉コレステロールLDL)が高めと出るので少しだけ気にしていたのですが、何の対策もしていませんでした
 
 何でも実験してみるのが信条ですから、(既報の上記(1)、(2)で詳細を記載していますが、)
 (1)牛乳の代わりに豆乳だけを摂取して、悪玉コレステロール値(LDL)が下がるのか
 (2)オメガ3脂肪酸を多く含むアマニ油やエゴマ油を摂取するとLDLが下がるのか
 これを自分の体でテストしていました。 これ以外のことは何も変えていません。 食べたいときポテチインスタントラーメンも食べました。
 
 驚くべき結果が出たので報告します。 当方はこうした食材を製造・販売している会社とは何の関係もありませんから、ここに記載するのは単純に当方が実験で得た事実のみです。


 豆乳は間違いなく効果があります。 もう一つ朗報は、豆乳はダイエットにも効きそうです。


 オメガ3脂肪酸摂取も最初のうちは同時併用していましたが、無味無臭で何も面白みが無いため、1ヶ月ほどして摂取しなくなってしまっていますので、効果は牛乳を止めて、豆乳に切り替えたことだけによるものと考えられます。  具体的数字を以下に並べていきます。

 まずはここ3年くらいの変化の再掲載です。 もっと何年も前のデータもありますが、何もしなければ有意な変化はありません
 
       標準値 H28.3 H27.6 H26.6 H25.6
 総コレステロール 150-219     220  203  231 時々NG
 HDL   40- 86  68   69   66   69
 LDL   70-119  143  140  123  149 毎回NG
 中性脂肪  35-149  77   81   63   73
 血糖値   70- 99  88   89   87   98
 BMI  18.5-24.9  19.1  18.6  17.7  19.0 時々NG
 肥満度        -14  -16  -19  -14
 体脂肪率 14.3-24.9     15.4  11.0  15.2 時々NG
 血圧 上  90-129  112  109  105  119
 血圧 下  0- 89   68   69   66   69
 
 

 そして今回の数字前回の最新値を比較してみます。
 
           今回   前回
       標準値 H28.7  H28.3
 総コレステロール 150-219  211   220
 HDL   40- 86  65    68 
 LDL   70-119  130   143 
 中性脂肪  35-149  79    77 
 血糖値   70- 99  92    88 
 BMI  18.5-24.9  18.6   19.1
 肥満度        -15.5%  -14%
 体脂肪率 14.3-24.9  12.5%  15.4% 
 血圧 上  90-129  104   112 
 血圧 下  0- 89   63    68 

 
 総コレステロールLDL明らかに下がりました。 これまでの経過では対策をしなければ何も変わらないので明らかに効果が出ています
 LDLは要注意レベルが140以上ですので、気にしなくてよい圏内に入りました。
 
 LDLは低め、HDLは高めが望ましいとされていますが、HDL値の若干の低下が見られました。 これはコレステロールを下げる豆乳の作用と牛乳を止めたことによってコレステロール値全般が下がったためと考えられます。 総コレステロールも下がっています。
 
 BMI、肥満度、体脂肪率は限界的にマイナスだったのですが、更に全ての数字が下がりBMIは標準値ぎりぎり体脂肪率は標準範囲を超えて下がりました。 血圧も若干下がっていますが、上下の差が維持されていて低めなのでむしろ良い方向です。
 
 
 
 結論
 
 牛乳を止めて豆乳に切り替えるとコレステロール低下に効果があります。
 特にLDL低下に効きます。
 体脂肪率も低下するので、ダイエット効果もありそうです。
 
 
 
 実験の今後
 
 実験を継続して効果を見てみます。 結果はまた コレステロール(4) といったキーワードを含む記事で掲載していきます
 オメガ3脂肪酸の効果が測定に入っていませんが、せっかく購入したのに使わないと劣化してダメになるので使ってみたいと思います。
 本来は豆乳の効果だけで続けて更に下がるのか見るべきなのですけれど、オメガ3のアマニ油とエゴマ油を捨ててしまうのは環境的に見てとても悪いことですので。 しかも前回の記事で記載しているように、アマニ油とエゴマ油はプラスティック(おそらくアクリル系に特に強く効く)を溶かしてしまうので、あまり廃棄したくありません。
 
 
 

 以上、ダイエットに関心のある方も、是非また次の結果を見にいらしてくださいませ。
 
 
 

 
 
----------
色水マジック 虹色シャンパンタワーより Amnesia パターン
 
 動画です。 しばらく眺めてみてください。
 
 最終的に紫、緑、赤になりますが、途中の色変化良い色の組み合わせになるように調整しています。
 
 
 結婚披露宴や文化祭、イベントなどの出し物にも使えます。
 
 虹色シャンパンタワー はこちら(たくさん入っています。 イベント用)
 http://iromizu.com/nijiiro_champagne1_set.html
 他にもいろいろな演出パタ^ンが見られます。

 簡易版(お試し用、ご家庭のパーティー等に)は Water a la carte です。
 http://iromizu.com/Water_a_la_carte1_set.html
 
 
 
 
 
-----------
ジャガイモ 作り過ぎました。
  (1)
 
 

                     ↑特大サイズの山
 
 
 
  (2)
 
 
 
 
 
 
  (3)
 
 (1)~(3)は入れ物を移し替えたのではなく、全てこの1週間で掘り上げたものです。 青い入れ物は相当大きくて深いカゴです。
 イモは外も中も紫のもの、外も中も赤のもの、外は赤で中は黄色のもの(これが一番甘くておいしい)、外も中も白のもの(男爵と西ユタカ)の5種類があります。
 
 今回はさすがに作り過ぎて怒られました。 この暑いのに掘るのは大変だったのですがね。
 
 これから3か月ほど、週に6日夕飯はコメのご飯ではなくてイモだそうです。 塩を付けて、マヨネーズを付けて、バターを付けて、雰囲気を変えて味わいましょう
 
 ドイツの方は毎日ジャガイモとソーセージとビールが夕飯のメインなんだから我慢しなさいとな
 
 ドイツの方は本当に
毎晩ジャガイモを食べるんですか?
 

 
 
-----
トウモロコシ
 
 6品種ほど作っています。 
 
 
 
 紫の珍しいトウモロコシは、昔ながらの日本のモチトウモロコシです。 
 甘みはあまり無いが、モチモチした食感独特の風味があって、これが意外においしいです。
 白と黄色のバイカラーコーンが一番甘みと風味が良くて美味しいかな。 そのうち品種比べをして掲載する予定です。
 
 トウモロコシはキセニア現象といって、実の形質が受粉した花粉でも影響を受けるので、違う品種同士は数メートル離して植えます。 (普通の果菜は雌蕊側の遺伝形質が実の特徴に現れるので、花粉親は同じ作物であれば品種は気にしなくてよい。)
 特に紫のモチトウモロコシ花粉がスイートコーンに受粉するとキセニア現象によって甘みがなくなって美味しくないトウモロコシになってしまうので、15mくらい離して植えてありました。 でも上記の黄色と白のバイカラー1粒だけ紫の実が入っています。 きっとこれは強い風で花粉が飛んで、1粒の雌蕊(雌穂の1本のヒゲ)に1粒の花粉が付いたためでしょう。
 ちょっと面白い配色になっていますね。
 たくさん花粉を付けらトリカラーの珍しいトウモロコシができそうです。 (ただし味は良くないはずです。)
 
 
 
 

 
(ブログでは花や野菜などの植物科学マジックいくつかのテーマ同時進行で記載しています。
 植物とマジックはあまり前後関係がありませんが、他の記事の関連は過去記事からどうぞ。)

 
       -------------
過去のブログは こちらhttp://iromizu.com/blogl.html
       からもご参照いただけます。
 
 
       ------------ 
            
            
思議!きれい、やってみたい
             思
ってもらえるようなもの
              い
つも心がけています
               ~
不思議な色の世界
                 色
水マジッ
                  管

                   ■ 
                   ◆ 
                   ◆ 
                   ■ 

               http://iromizu.com/
 
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 
 
 
 
 
----------------------
南フランス(12) / what if? / TOEIC
 

 一時期、所用でフランス共和国に半年ほど滞在していたことがあり、その時の様子を「美しい南フランスの風景」 という当方のホームページ記事内でご紹介しています。
http://iromizu.com/France-ShiftJIS.html
http://iromizu.com/france.html
(フランス語の原文字の表記が可能な場合)
 その時に感じた内容などをときどき挙げており今回はその第12回です。

 
 
 この南フランスのシリーズの題材になっている背景の話関連ですが、当時フランスの方々と共同で、とある先端のことをやっていまして、南フランスに滞在しておりました。
 その頃の研究の状況説明や結果の情報交換はやはり英語でして、会話には専門用語まで相当頻繁に出てきますから確かにフランス語でやられては全く手に負えない状況になります。 (同様に日本語でやろうとしても同じことです。)
 
 英語が必要になるのは分かっていたのである程度の準備はしていったのですが、実際に英語で意思疎通しようとしてみて初めて分かった困ったことがありました。
 
 
 日本人の話す英語は Japanese English なんて言われて、下手な英語の代名詞のようになっていますけれど(私も同じくですが)、彼らフランス人の話す英語はまた独特の French English です。
 聞いたことがないような、一瞬頭の中の検索機能がフル回転するような単語が会話の中に散りばめられていまして、変な所に頭を使うことになります。
 
 
 アンフォルマシオン、 ルフェランス、 ドキュマン て何だか分かります?  英語で良く使う言葉ですが。
 
  :
  :
  :
 
 それぞれ information、reference、document で、英語で言うところの インフォメーション、リファレンス、ドキュメントです。
 この読みをそのままフランス語式に読むと先ほどの発音になります。
 で、こんな変な単語がしばしば会話に登場するので、余計な所に頭を使って肝心な中身に気が回りません
 フランス語の辞書を引くと、全く同じ綴り意味も同じ単語が出てきますので、彼らも使い分けが難しいのでしょう。
 
 英語はゲルマン祖語(ドイツ語の系統)がベースになって、そこに多くのラテン語起源(イタリア語、フランス語系)の単語をたくさん取り入れて出来てきていますから、フランス語に意味と綴りが同じような単語もたくさんある訳です。 (同様にドイツ語に意味と綴りが似たものもたくさんあります。)
 英語とフランス語で単語の意味も綴りも同じものがあったら、フランス語式にでそのまま発音してしまいますよね。
 
 
 日本語でも、 てふてふ、あふぎ、あふひ、 と書いてあったら、普通はそのまま、てふてふ、あふぎ、あふひ、と読んでしまいますね。 現代人の間ではそうやって読みなさい、そしてこちらの平安時代の方と話すときちょうちょう、おうぎ、あおい、 と読みなさいと言われましてもね。 そう簡単には頭の切り替えはできないでしょう。
 
 
 彼らフランス人もこちらの話す Japanese English相当苦戦していたのだろうと思います。
 英語を日本語的ローマ字式に読むとそんな発音になるのか? と思って、単語検索に頭を使ってしまい、きっと肝心の話の中身には気が回っていなかったのではないかと思います。
 
 
 
 さて、余談がほとんどを占めてしまいました今回の 南フランス(12)ですが、公園の風景写真を2枚掲載しておきます。

 

 
 南フランスでは一番大きな都市のニース、その中の大きな公園の風景です。
 ニースには日本の食材や中華の食材を扱う店が数軒あって、時々休みに出掛けていました。
 写真の右手方向には海岸方面まで続く商店街があって、十数分歩くと海岸の通りと合流します。 Cafeなどもたくさんあって大変良い雰囲気のところでした。
 
 
 先日、そのニースの海岸通りでテロ事件があって、惨劇の場になってしまい大変ショックです。 あの海岸沿いの通りは歩いて海辺まで出たり、車で通ったりと良く利用していましたので、見慣れた風景です。
 そんな恐ろしいテロ事件とは無縁だった頃の、のどかで平和な観光地だった頃のニースの写真です。
 
 
 
 ちなみに冒頭の話の続きですが、 フランス語の Nice は ニースと読みますが、英語読みすると ナイス ですね。
 
 そのうち 南フランス(13) に続く。
 

 
 
--------
what if? / TOEIC

 
 ・ヨーダのフォースパワーは何ワット?
   How much Force power can Yoda output ?
 
 ・光速の90%で投げたボールを打ち返すとどうなるか?
  What would happen if you tried to hit a baseball pitched at 90 percent the speed of light ?
 
 
 欧米でベストセラーになった what if? からです。
 少々悪い冗談みたいな話もありますが、面白いので英語の原文で読んでいます。
 日本語版も出ていますが、ニュアンスが違っているような気がする箇所があるので、原文の方が面白いです。
 
 時々取り上げられているトピクスや、お話の途中をご紹介します。 (オチまで紹介すると怒られそうですので、途中の面白くなりそうな所までです。)
 
 
 -----
 数十分単位の空き時間を利用して何か勉強をしようと思い立ちました。
 先ほどのフランス滞在で勉強した英語のこともあって、その時間に少し英語を勉強して1年くらい前に一度TOEICを受けてみました。
 結果はまあ そこそこでした。
 
 
 いつもの「ボケたりツッコミを入れてくれたり右から左へ受け流してくれる人」が言うには、「大体日本語でも人の言うことは半分くらいしか聞いていないのだから、英語で人の話を聞き取れる訳が無い」というごもっともな指摘でした。
 
 
 確かにTOEIC受検の時にも思い当たることがありました。
 リスニングの題材が「仕事の応募」だったり、「就任のあいさつ」だったり、「発送の問い合わせ」だったりと、まあつまらない話ばかりなのですね。
 リスニングで聞いているとだんだん飽きてきて、ついツッコミどころのある話があると、余計なことを考えてしまって、そこから先は聞いていないのです。 で、後で「この会話の目的は?」、「この後何が渡されますか?」、「次に彼らは何をしますか?」などと聞かれても何も覚えていないという訳です。
 
 そこでまず英語はともかく、TOEICのリスニングではよそごとを考えずに、とにかく流れてくる音声を集中して必死になって聞く訓練をしました。
 先日5月に、少しマイナーチェンジして新方式に変わる直前の最終回を受けたところ、リスニングが100点近く上がり、リーディングはほんの少々上がり、合計約100点くらい上がって800点台になりました。
 やっぱり話を聞いていないのが一番の対策どころだったようで、ご指摘は確かにその通りでした。
 
 
 受験者にはお馴染みの得点フォームです。
 
 
 で、次の勉強対策はリーディングの強化かなと思っているのです。
 が、このTOEICのリーディングというやつは、英文の分量がとにかく多くて、長文を日本語と同じように斜め読みできないと、ある程度先からは話にならないのです。
 
 この英文の斜め読みを鍛えたいという訳ですが、先ほどのリスニングと同じように、本番の題材はとにかく話が面白くない
 いくら速読を鍛えようとしても、そもそもゆっくり読んでもなかなか頭に入ってこないのだ、ということが分かりました。 話が面白くない上に、「××市の現状と今後の方針」みたいな結構難しい話も入っていて。 日本語で読んでもなかなか頭に入らない話です。
 英文がどうも分からないと思って、参考書の訳文を見ると日本語でも分からない話だったので妙に納得して安心したりします。
 
 
 そこで冒頭の「話の面白い what if?」 をまず英文で斜め読みできるようになろう、という訳です。
 これならかなり速読もできそうで、キーワードだけを拾いながら、少しだけ斜め読みができるようになってきました。
 これで速読力を鍛えたら、またそのうち何ヶ月かしたらTOEICを受けてみようかなと思っています。
(なおTOEICは最近受検生が一番イヤがる所を強化してきたので悩みどころではありますが。)
 
 
 でも、やっていて気づいたのですが、このお話にはまだオチがあるのですが、それはまたそのうちです。
 
 
 ということで、本日はこのあたりまでということで。
 ヨーダのフォースパワーをどうやって計算するのかは、またそのうちです。
 
 
 
 
 
-----
夏本番
 
 いよいよ関東も梅雨明けしました。 夏本番です。
 夏といえば花火。 花火といえば...炎色反応実験ですね...?
 
 炎色反応実験といえば...~不思議な色の世界~ 色水マジックからどうぞ。
 

 
 
 
  (上の写真の動画)
 夏休みの自由研究の題材にもぴったりです。
 お子様と遊びながら科学の不思議を学ばせることができます。
 http://iromizu.com/flame1_set.html
 
 http://iromizu.com/flame1.html
 
 
 
 google広告(google adwords)を再開しました。
 adwordsはちょっと面白いです。 何が面白いのか、本日は長くなりましたので詳細はまた今度です。
 
 広告出現頻度はかなり低いレアものに設定していますので、見かけましたら是非お知らせください。
 なお広告をクリックしてしまうと、もうその日一杯は現れない可能性大です。
 
 ポケモンGOレアモンスターみたいですね。
 
 
 
 
 
------
夏本番(2)
 気温が上がったので畑の農作物は元気いっぱいになっています。
 
 前回のジャガイモは作り過ぎて少々怒られてしまいましたが、どうやら毎晩のジャガイモご飯は免れました。
 その代わり、おかずは毎日ナスとトマトとキュウリにならないかと危惧しています。
 

 形の面白い「京まんじゅうナス
 
 京まんじゅうナス(収穫) 紫のトマトみたい
 
 500mlのPBと一緒に撮影
 上3つは天狗ナス。紫になる前に収穫しないとタネが入り始め大きくなりすぎる。
 
 トマトは11品種22株あるので、まだまだこんなものではありません
 大玉、中玉、ミニ、楕円形、オレンジ色のものと様々あります。
 そのうち品種比べをやる予定です。
 
 

 
 
 
(ブログでは花や野菜などの植物科学マジックいくつかのテーマ同時進行で記載しています。
 植物とマジックはあまり前後関係がありませんが、他の記事の関連は過去記事からどうぞ。)

 
       -------------
過去のブログは こちらhttp://iromizu.com/blogl.html
       からもご参照いただけます。
 
 
       ------------ 
            
            
思議!きれい、やってみたい
             思
ってもらえるようなもの
              い
つも心がけています
               ~
不思議な色の世界
                 色
水マジッ
                  管

                   ■ 
                   ◆ 
                   ◆ 
                   ■ 

               http://iromizu.com/
 
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 
 
 
 
 
---------------------
結構いいかげんです / メロン / 156
2016.8.23 15:00

 

 いいかげんな脳(1)
 
 
 
 次を声に出して、是非できるだけ大きな声で言ってみてください。
 -----------------------
 
 これ、
 なのんとこだか
 わりかますか?
 
 Sratwerrby スロトベリー
 Aplpe
 Garpe
 Oargne
 Chrery
 こられは 
みんな Furits です。
 
 ぼとううの にんごほの 
ぶんも なんで よためか
 わすかまりか?
 
 
 
で、 こえたは
 
スラトウェルビー : イチゴ
 
アプルプ     : りんご
 
ガルプ      : ぶどう
 
オアーニュ    : オンレジ
 
シュレリー    : さらんくぼ
 こられは
 ぜんぶ くもだの です。
 
 -----------------------
 
 
 
 最初から最後まで、何を言っているのかさっぱり分からん、という方はスバラシーです。
 コンピューター的に正確に作動する脳の持ち主ですね。
 
 
 一方、何となくあまり違和感も感じないで読めた、という方もスバラシーです。
 事前にこうした問題に対処するプログラミングがされていないコンピュータにはできない曖昧な演算を、瞬時にやってのける複雑性を持った脳です。
 
 でも、この文の中で必ず守っている規則が1つだけあって、それが脳の文章読解の特性にマッチしています。
 Sratwerrby は スロトベリー のことだと分かりますし、
 もしSeddulny という単語が 突然出てきても これと間違えることはありません。
 
 
 
この きそくが なだんか わまかすりか? (この規則が何だか分かりますか?
 
 
 そして、この冒頭の文を読んだ方で「全く理解できなかった」という方はいらっしゃいますか?
 私は、自分がこの文を自然に読めるのでほとんどの方が読めると勝手に思っていますが、20人に1人くらいは、この冒頭の文が「全く理解できなかったという方もいらっしゃるのではないかと思います。 
 あなたはどっち派ですか?
 
 
 
 そのうち いいかげんな脳(2) に続く、 
と思います。 きっと。 でも当方は いいかげん な方なので...。
 
 
 
 
 

 -----
 メロン収穫
 
 昨年はベランダでマスクメロンネットメロン)を収穫しました、
 昨年のマスクメロン関連は
 http://ameblo.jp/iromizu-com/entry-12066827858.html
 http://ameblo.jp/iromizu-com/entry-12054980686.html
 http://ameblo.jp/iromizu-com/entry-12071512711.html


 これに気を良くしていろいろなメロンを戸外の畑でも作ってみました。
 

 戸外の畑でメロンを作るのは結構難しかったですが、1個大きなメロンを収穫しました。 500mlのペットボトルと一緒に撮影してみました。
 多くのメロンは途中まで順調に生育するのですが、突然枯れてしまったり、葉っぱが枯れる病気になったりで、やはりメロンはプロの方が毎日生育をチェックして、決められた手順通りに作らないと難しいものだと思います。
 さて、ようやくまず1個収穫したメロンですが、品種名などはそのうち「品種比べ」で記載しようと思っています。 素晴らしい風味香りがあって、上品な甘さがあって、それはそれは美味でした。
 
 もう一つ、下の写真のメロンは今年ベランダで作ったノーネットメロンです。 糖度20度にもなるという宣伝文句のメロンですが、その通り大変甘く美味しいメロンでございました。 自分で育てて収穫するので尚更です。
 
 
 昨年同様、スイカやマクワウリも作っています、
 
 上に写真のスイカは黒部スイカといって、本当は20kgにもなる超大型品種のスイカなのです。 しかし、やはり手順通りにやらないのと、肥料不足などで大きくならないうちに葉が枯れ始めてしまいましたので、取り急ぎ収穫しました。
 
 トマトは品種ごとの味比べで、11品種を2株ずつ、合計22株作っています。 従ってイヤというほど採れます。 下の写真は12号の大型鉢皿に盛ったところを撮影していますが、まだまだこんなものではありません。 大玉トマト3種6株分は載せていませんし、時期によってはもっと採れます。 ゴメン、味比べ実験で作り過ぎて食べきれません
 
 
 
 
 
 
 
 
 ---
 156
 
 分かる人だけに分かる、...
 ...それはシルバーの156でした。
 
 
 その分野を内側から知り尽くした人も、これがいいと言っています。

 そして...話は謎があった方が面白い
 
 
 
 
 
 -------------
 炎色反応とルミノール発光
 
 夏の夜を鮮やかに彩る花火
 その花火に鮮やかな色を付ける炎色反応
 
 
 
 出典は
 http://iromizu.com/flame1_set.html
 http://iromizu.com/flame1.html

 光の混色実験などもでき、夏の自由研究の題材にはぴったりです。
 
 
 
 

 そして夏の夜謎めいた光で彩るルミノール
 科学捜査にも使われるなど、怪しげな背景を持つが、
 現象自体は決して怪しいものではない
 
 
 夏休みの駆け込み やっつけ 自由研究お一ついかが
 ルミノールを光らせる物質の実験(酸化を触媒する物質の実験)や、
 発光と蛍光の実験ができます。
 http://iromizu.com/Luminol1.html
 
 
 
 
 
 -------
 156の続き
 
 先ほどの謎の話、...それは 
 
分かる人だけが分かるアルファの話でした。

 
 赤の方はもう少し小さいようですが、その番号は未だ不明です。
 ...話は謎があった方が面白い
 

 
 
 
 
(ブログでは花や野菜などの植物科学マジックいくつかのテーマ同時進行で記載しています。
 植物とマジックはあまり前後関係がありませんが、他の記事の関連は過去記事からどうぞ。)

 
       -------------
過去のブログは こちらhttp://iromizu.com/blogl.html
       からもご参照いただけます。
 
 
       ------------ 
            
            
思議!きれい、やってみたい
             思
ってもらえるようなもの
              い
つも心がけています
               ~
不思議な色の世界
                 色
水マジッ
                  管

                   ■ 
                   ◆ 
                   ◆ 
                   ■ 

               http://iromizu.com/
 
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 
 
 
 
 
----------------------
南フランス(13) / 天狗ナスの種取り
2016.9.26 22:00 
 

 一時期、所用でフランス共和国に半年ほど滞在していたことがあり、その時の様子を「美しい南フランスの風景」 という当方のホームページ記事内でご紹介しています。
http://iromizu.com/France-ShiftJIS.html
http://iromizu.com/france.html
(フランス語の原文字の表記が可能な場合)
 その時に感じた内容などをときどき挙げており今回はその第13回です。

 

 
 気が付くと約1ヶ月もご無沙汰してしまいました。
 命は必然、偶然、それとも奇跡? 、 1976.4 の連続記事を1年ほどかけて書き終わってから、最近文を書くことについては少々脱力気味なのであります。
 
 で、久々にまず南フランスの1コマの写真からです。
 
 
 何やら映画の1シーンに出てきそうな雰囲気のカットですが、パッと見てこれは日本ではないという感じがします。
 南フランスはカンヌの夕方の海辺ですが、外国だと決められるもの何も写っていないのに何故でしょうね? 醸し出している雰囲気ですかね?

 
 昼間はこんな感じです。 この地点から夕方、もう少し左の方を向いて撮ったものが先ほどの写真です。
 
 カンヌの海は地中海なのでいつも波は穏やかで、浜辺でのんびり過ごすことができます。
 でも一緒にプロジェクトをやっていた地元の人たちは、「夏は人が多すぎるので、人が少なくなった今くらいの秋が一番好きな季節だ」と言っていました。
 
 カンヌ沖の水平線の彼方はアフリカ大陸ですが、双眼鏡で遠くを見ても何も見えません。
 
 
 
 
 
--------
天狗ナスの種取り
 
 6月30日巨大な実がなる天狗ナス を一度レポートしましたが、この種取りにチャレンジしてみました。
 まずは実の写真を再掲です。
 

 500mlのペットボトルと一緒に写していますが、実の大きさはもっと巨大になります。 まだまだこんなものではありません。 
 
 種採り用に過熟させた実がこちら。
  
 500mlのペットボトルと一緒に写すとその巨大さが分かります
 
 500mlのPBが小さく見えますね。
 種はあのナスのふわふわの果肉の中に点在しているため極めて採り難く、普通は実を腐らせてから洗って水に沈んだ種を採りますが、少々気味が悪いので腐らせずに竹串でつついて取りました。 ものすごく手間のかかる作業です。
 
 
 
--------
スイカ

 スイカは収穫時の見極めが非常に難しいです。
 適した熟度の収穫時が分かり難く、未熟で収穫すると甘みが足りず、過熟するとすぐに地面に接した所から腐り始めます。
夏から収穫していましたが、トレイに播いて育てた冬~春用の苗の植え時が迫ってきたため、最後の実は思い切って全部収穫しました。
 
 幸運にもうまく熟していて、中でも黒い皮のスイカ(市場に出るとけっこう高級な品種です)は非の打ちどころのない立派な美味しいものが採れました。
 
 
 黒玉のスイカは白い皮の部分が少なく、赤味の実の部分が多く白い所のすぐそばまで甘くて風味のあるスイカでした。
 赤い所の実はシャリシャリ感が強く甘みも強く美味しいスイカです。 家庭用に栽培できる品種ではこれが一番かな。
 
 緑の縞々スイカモ大変美味しかったです。
 
 
 
 
 
 
--------
マジックサークル
 
 先日一般のマジックサークルに入れていただきました。
 3月には500人くらい入る会場での発表会があります。
 当方は関連のある一般的なマジックの演出と共に、色水マジックを使って面白い演出をしてみたいと思っています。
 
 そのうち時期がきたら詳細をご紹介しますので、興味のある方は是非会場に見にいらしてください。
 色水マジック( http://iromizu.com/index.html )のページで記載している
 オーダ( order@iromizu.com )宛にメールをいただければ、無料で入場チケットをお送りします。 
        ↑半角の @ に置き換えてください。
 
 
 このサークルは現在二十数名の会員数で、横浜で月に2回の定例活動をしています。
 定例会の後の飲み会では、いろいろな種類のマジックも飛び出したりしてとても楽しく飲めます
 このサークルでの演出に使っていただく分には、当方の色水マジックを無償で提供して、使い方の簡単なレクチャー@飲み会 もさせていただく予定です。
 
 入会にはマジックの経験の有無は問わないとのことで、続ける意志があって、周囲と楽しくやっていくことができればどなたでも入れていただけるとのこと。
 もし入会したいとか、どんなサークルなのか興味があるという方は、当方(先ほどと同じメール宛先)へメールをいただければ、もう少し詳細をご説明します。
 (Amebloのメッセージツールでも大丈夫です。)
 ...そして今年入会すると当方と同期の入部生です。
 
 
 マジックはとても楽しいコミュニケーションツールです。 今まで経験の無い方も、一つ始めてみてはいかがでしょう。
 
 
 (続く
 
 

 
 
 
(ブログでは花や野菜などの植物科学マジックいくつかのテーマ同時進行で記載しています。
 植物とマジックはあまり前後関係がありませんが、他の記事の関連は過去記事からどうぞ。)

 
       -------------
過去のブログは こちらhttp://iromizu.com/blogl.html
       からもご参照いただけます。
 
 
       ------------ 
            
            
思議!きれい、やってみたい
             思
ってもらえるようなもの
              い
つも心がけています
               ~
不思議な色の世界
                 色
水マジッ
                  管

                   ■ 
                   ◆ 
                   ◆ 
                   ■ 

               http://iromizu.com/
 
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 
 
 
 
 
----------------------
フリージアの種取り
2017.5.6 23:00 

 
 前回から8か月ほどご無沙汰してしまいまして、読者登録をしてくださった方には申し訳ありませんでした。
 あの後、少々文章を書くことに脱力気味になっておりました。
 
 特に体調が不良だったわけではなく、途中何十年ぶりかの重大ではない手術と入院がありましたが、退院後は今まで通りに普通に過ごしております。
 まあ、その手術の話はそのうち別に書くことにしまして、本日は気候もよくなってきましたので、少し前に咲き誇っていましたフリージアについて、種取り作戦を開始したことを軽く記載しておきます。
 
 

 
 
 
 フリージアは普通球根を買ってきて、秋に植え咲かせますが、種を採って咲かせることができます。 種は狙った花同士を人工交配してやらなければできないので、少々面倒ですが、見たこともない花色のものが出てくるので、一度試してみる価値ありです。
 
 
 
 掲載したフリージアの花の写真の中で、金色がかっているものは普通は市販されていない花色で、過去に種を採って咲かせたものです。
 種をうまく育てると、秋に播いて翌春に咲かせることもできるので、今年採った種からどんな花色が出てくるか今から楽しみです。
 
 

 
 
                        交配に成功して出来始めた種
 
 
 
--------------
マジック ジュースで乾杯α

 
 今回の色水マジックは、一番簡単で色も豊富なため人気の「ジュースで乾杯!」より。
 出しにくい橙と藍色を出しやすいようにして、また放置時間が長くなっても大丈夫なように改良したジュースで乾杯α」です。
 
 
 演出方法は「ジュースで乾杯!」と同じです。
 
 
----------
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。

   
 

 
 
 
 
-----

本サイトは、
科学
の手品、
にあふれた
・さまざまな
といった 「」や「科学」に関係したことがら、に関係したことがらを主テーマとし、ここから関連して、
・香りに優れた色々
の香りの科学
・採集コレクション
彩豊富な 「美しい南フランス」
・高分子の科学科学であそぼう「ペットボトルロケット」
など、いろいろを紹介しています。 是非、本ページのホーム「~不思議な色の世界~」をチェック
して、他のページもご覧ください。 (各ページの「HOME」マークもホームにリンクしています。)
 今後も記事を追加していく予定です。 是非お気に入りに登録を。

 ご意見、ご感想などございましたら、是非 enq@iromizu.com までお寄せください。 お待ちしております。
                       (↑ジャンクメール防止のため@を全角にしています。)


 
               sample (1.色水マジック、 2.科学で遊ぼう より) 
                  
1-85N 不思議な水   不思議な水(5色セット)より    1-60K ミラクルカクテル(色変わりえのぐとの組み合わせ例)

                      2. 科学であそぼう の目次へ

                  
1-2m パステルジュース   1-2m パステルジュース         1-50J 突然ワイン(カラフル)



ノッピーの採集貝コレクション Part-1へ             タネから咲かせた花色々 Part-1へ
        〃         Part-2へ        タネから咲かせた花色々 Part-2へ
        〃         Part-3(1/2)へ     香りに優れた花色々 へ
↑和歌山県の採集貝がたくさん掲載されています。      美しい南フランスの風景へ ('05.7.19 NEW)
ノッピーの採集貝コレクション Part-3(2/2)へ           
↑和歌山県の採集貝(続き) '06.8.15 NEW        2d.花の香りの正体へ ('06.5.28 NEW)
                             花の香り お分けします。都合により休止中)
種まきおじさんの衝動貝コレクション                
  〃 Part-1(形の良い貝、大きな貝)へ 
  〃 Part-2(色の美しいひおうぎ貝)へ 
  〃 Part-3(ひおうぎ貝の魅力)へ   
 
 
 
 
 
----------------------------------- 
 
                 ブログ  
 
 Page          10

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
 このページは 13 です。 

21 22 23 24 25 26

----------------------------------- 




                             

                


       Copyright (C) 2016  http://iromizu.com, all rights reserved.