不思議な色水マジック

                            ホームページへ 


                         ブログ (アメーバ)          

            Page          10
                
  このページは  です。
       11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

           21 22 23 24 25 26


                  アメーバのIDにときどき書き込んでいます。
                   ブログ : http://ameblo.jp/iromizu-com/
                 少ない頻度ですが、是非見にいらしてください。
                 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               こちらのページの方はアメブロにupする前の日記です。
     マジックを作っているときの様子やリリースしたときの記事を日記の形で留めています。
       こちらにあって向こうに無いものと、向こうにあってこちらに無いものがありますが、
      こちらは内容別、話の順になっていて、スクロールだけで見られるようになっています。


              趣旨: 色水マジック(科学マジック)を作っていますが、
              ・不思議!
              ・面白い、 きれい
              ・やってみたい
              と思ってもらえるようなものを作るように心がけています。
           ブログの方はコメントできますので、見てくださった方の意見なども
           頂ければありがたいと思っています。
 
 
 
      ご参考: IEで改行や空白が詰まって表示される場合(空白が表示されない場合)
           はこちらhttp://iromizu.com/FAQ.html#8-11 )
 
 
−−−−−−−−−−−−
2013年7月7日
色水マジックの演出のコツ(間も大事)

 色水マジックの演出のコツについて、ここでは「ジュースで乾杯! ミラクルセット」を例にして、
お客さんを不思議な感覚に持っていく演出方法例をご紹介します。


 ポイントは、
・クライマックスを早い段階で見せない
  (このホームページでは、表示が重くなるといけませんので、いきなりクライマックスになるような
  ところをご紹介しています。)
当たり前のような演出もイントロとしては重要
 また、色水マジックの場合、食用色素などで実際に飲めるもの(着色水)を作り、飲んで見せる。
 こうした演出も、雰囲気を作ったり、楽しく演出するためには有効です。 マジックの色水と間違え
 ないよう、香料などでそのジュースやカクテルに近いものの香りを付けておけば更に良しです。
・ごく簡単なものから順番にやっていく。
・まずお客さんの推理を誘導するような演出をする。
・途中で、お客さんの推理をひっくり返すようなポイントになるマジックをうまく折りこむ。
・マジックの演出には口上間の取り方も重要です。
 色水マジックの場合には、ジュース各種、果物各種、カクテル、ワイン、ウイスキー、ブランデー
 などの作り方や、おいしい味わい方の話題を折り混ぜて、雰囲気を作っていきましょう。


 色水マジックは大変簡単ですので、何か急に隠し芸的なことをやることになったときのために、
事前にやって様子を見ておくと、突然の話の時に使えるかもしれません。

 なお、ameba blog の方はページが重くなるといけませんので、静止画を多用していますが、こちら
ホームページの記事
http://iromizu.com/bloglll.html ) の方は、動画等をたくさん載せても問題
ありませんので、各シーン毎にgif動画を掲載しています。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 以下の例は「ジュースで乾杯! ミラクルセット」だけで行っているものです。
    ( http://iromizu.com/juice1_miracle_set.html


1.(できれば)雰囲気作り (食品用の着色料を使って色水を作り、飲むなどする)

 これからマジックを演出しようと思う色のジュースやカクテル、ワインなどに見立ててた色水を
作ります。 これは食品用の着色料などを用いて作ることができます。 着色料は通常 赤、黄、青
の3色が販売されており、これを混合すれば、だいたい思う色のものは作れます。 (赤はよく
見かけますが、黄色と青は少なく、特に青は最近置いている店が少なくなりました。 最近は需要
が少ないのでしょう。)

 これを飲むなどして、まず演出しようとしているマジックの雰囲気を作ります。


2.口上

 これから演出するマジックに関係するようなものの説明をします。
 例えば、「ジュースで乾杯!」や「ミラクルカクテル」であれば、各種ジュースについてや、各種
カクテルの話をしてみましょう。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(以降は「例えば」の <<演出例>> です。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.まずは簡単なものから

 (1) 「ジュースで乾杯!」から 
メロンジュース
   (この演出は当たり前のものですが...ここはわざと中の見えないきゅうすを使います。)
    メロンジュースをきゅうすに入れ、グラスに注ぎます。 メロンジュースがグラスに注がれました。

                       


 (2) 「ジュースで乾杯!」から グレープジュース
   (タネを予想する選択肢が広がるよう、ここはわざと中の見えないきゅうすを使います。)
    メロンジュースをきゅうすに入れ、グラスに注ぎます。 今度はグレープジュースになりました。

                       


 (3) 「ジュースで乾杯!」から 
ストロベリージュース
   (タネを予想する選択肢が広がるよう、ここはわざと中の見えないきゅうすを使います。)
    メロンジュースをきゅうすに入れ、グラスに注ぎます。 今度はストロベリージュースになりました。

                       

                         


4.タネの予想を混乱させましょう

 (4) 「ジュースで乾杯! ミラクルセット」から ミラクルカクテル
  (タネの予想が混乱他の選択肢が広がるよう、ここはわざと中の見えないきゅうすを使います。)
                       

                         


 (5) 「ジュースで乾杯!」から
メロングレープストロベリー
  (ここで3色を連続で演出しましょう。)
   まだ、最初の緑、紫、赤の3色だけにしておきます。
黄色や()やは後で盛り上げるために、
   ここでは未だ出さないようにしておきます。 お客さんはタネの予想が混乱していますので、
   中の見える状態で、予想を再構築していただきましょう。)

                       


 (6) 「ジュースで乾杯! ミラクルセット」から ミラクルカクテル
  (ここでは少し先に進めて中の見えるきゅうすを使います。)

                       


 (7) 「ジュースで乾杯! ミラクルセット」から ミラクルカクテル
   これは(9)の後にやった方が良いかもしれません。 話の流れや雰囲気で、変えて
   みてください。 最後に謎を残して終わりたい場合には、(9)のお後がよろしいようです。
   お客さんはこれまでの内容でタネを予想しているかと思いますが、更に混乱するでしょう。

                       
          後半、注いでいるきゅうす側と、注がれるグラス側の色が異なっています。
                         (異なった色同士で、両方変化していきます。)


                      −−−−−−−−−−−−−−
                            もう1パターン

                       
          後半、注いでいるきゅうす側と、注がれるグラス側の色が異なっています。
                         (異なった色同士で、両方変化していきます。)

                         

                       −−−−−−−−−−−−−−

                        
        若干違った様子での演出もできます。 注いでいるきゅうすとグラス側の色が違います。
                          (異なった色同士で、両方変化していきます。)


5.変化
  

 (8) 虹を作る

   ここで、写真に示したような細長い花瓶などの容器が準備できれば、

  ミラクルカクテルを使って、花瓶の中に虹を作って見せます。

  虹の7色の順番は上からどうなっていますか? 上が赤ですが、意外

  に覚えていないものです。 こういったことを口上に使います。

  


           ↑ ミラクルカクテルでもこのパターンは作れます。(上が赤、下が紫)
         写真はミラクルカクテルシリーズアジアンティーで作ったものです。
                2色パターンはミラクルカクテルと同様、時間差があった後に起こります。
 
  

              ミラクルカクテルでの2色パターン
 
 

6.クライマックス


 (9) 「ジュースで乾杯!」から メロンレモンブルーベリーグレープストロベリー
   ここがクライマックスになります。 ページが重くなるので5色に留めていますが、こちら
   ジュースで乾杯!のページでは、虹の7色を引き出した演出例を掲載しています。

                        


                         


7.更に

  マジック「突然ワイン」と、この「ジュースで乾杯!ミラクルセット」を
 組み合わせると、さらに複雑で不思議なことができるようになります。
  「ジュースで乾杯!」の色変化の後に、「突然ワイン」の突然の発色
 や、消色・再発色などの演出ができますが、また別の機会にご紹介
 します。 「突然ワイン」は こちらhttp://iromizu.com/wine1.html



 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 他のマジックも要領は同じです。


 以下は、一般の方にはお取扱いしていませんが、「カラフルシャンパンタワー」のページで
使っている材料で演出したものです。 ( プロの方撮影に使うなど、不特定多数の方対象で
なければ
ご利用いただけますので、別途メール等でご連絡ください。)

←3原色なので混ぜると全ての色が作れます。→


 当方は、あまり人前では演出しませんので、こうした隠し芸的なものが必要な方は、こういった
ものを使ったり、組み合わせたりすると、自分だけのオリジナルな演出ができるかもしれません。
 色もきれいですので、ひとつご検討されてはいかがでしょうか?

                        

                         

                       −−−−−−−−−−−−−−

                        

                                 

             
                              (リンク付き写真はクリックすると拡大します。)

                       −−−−−−−−−−−−−−

                               

                         


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 色水マジックは大変簡単ですので、芸人さん、タレントさんなども、何か急にやらなければならなく
なったときのために、事前にやってみておくと、突然「徹子の部屋」に呼ばれたときにも使えるかも
しれませんよ。   ...おひとついかが?


     −−−−−−−−−−−−−−−− 
 男が女を誘うのは生物界の仕組み、自然な行動ですぞ
 映画でもマジックでも色水でも 何でも、臆せず誘いなさい
男も女も マジシャンも 作家も 女優もタレントもアーティストも
    明るく楽しい話題を作って みんな頑張れ!
      応援してます。...ネタ作り私も頑張ります。
 
            思議!きれい、やってみたい
        思
ってもらえるようなもの
         い
つも心がけています
          〜
不思議な色の世界
            色
水マジッ
             管

              ■ 
              ◆ 
              ◆ 
              ■ 

          http://iromizu.com/
 



−−−−−−−−−−−−
2013年5月12日 12:00

演出方法の工夫について


 最近、これまでに作ったものをマジックとして面白く、美しく、
不思議感を出せるような演出を検討していました。 ようやく
形になってきたので本日uploadする予定です。

  


 −−−−−
 また、ミラクルカクテルのシリーズで、色変化のバリエーションになり
ますが、「アレキサンダー」、「アジアンティー」、「トロピカルカクテル」の
3種をまず載せます。
 これらの取説を作っているところですが、これはいろいろなことを想定
して書かなければならないので、意外と大変なのであります。
 ということで、今週はupだけになりそうです。

 他にも下の表のようなものを検討しています。(リンク有は今回upしたもの)

 番号  手品番号 手品名称   様子
 1  1−66K  アジアンティー  お茶系の緑色から、穏やかな色調のに変わります。
 2  1−67K  オリエンタル  藤紫からに変わります。 共にオリエンタルな雰囲気の穏やかな色調です。
 3  1−65K  トロピカルカクテル
 トロピカルな色変化。  赤紅色から黄色に変わります。
 4  1−64K  アレキサンダー  宝石アレキサンドライトを思わせる色変化。 からに変わります。
TVドラマ「怪盗ロワイヤル」に登場する宝石「アレキサンダーの涙」にちなんでいます。
 5  1−69K  ブルースカイ  印象的な美しいスカイブルーが特長です。 黄色からに変わります。
 6  1−6YK  ブリリアント イエロー  穏やかな落ち着いた黄色から、突然目の覚める輝くような鮮やかな黄色に変わります。
 7  1−60K
(応用編はこちら)
 ミラクルカクテル(基本編)
ミラクルカクテル(応用編)
 このシリーズの基本となっているマジックです。 に変わります。
からに変わる時に、一瞬、の変化が見えます。
 8 1−68K   チェリーピンク  無色透明 または ごく薄いピンクから 突然濃いチェリーピンクに変わります。
 9  1−6XK  ブランデー・ワイン  ブランデーの水割りを作るところから始めると良い。
ブランデー系の黄橙からワインレッドに変わります。
 10  1−6ZK  ローズ ドゥ パリ   黄色から 赤紅色に変わります。 「ローズ ドゥ パリ」は色の名称の一つです。

 (13年5月25日現在は、1−66K1−65K1−64K1−60K1−67K のみを掲載しています。
  他の色は撮影等の準備中です。)


 −−−−−−−−−−−−
  (演出方法いろいろ 検討中)
   先ほどの前半部分

 こちらは「突然ワイン」、と「不思議な水」の組み合わせ演出です。
2種のつなぎに特殊な材料が必要です。
(後半部分は「突然ワイン(カラフル)」と「不思議な水」との組み合わせです。)


〜 不思議な色の世界 〜
    色水マジック
      管理人
        ■ 
        ◆ 
        ◆ 
        ■ 
  http://iromizu.com/  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 −−−−− blog Page 3 −−−−−
 
 ここから先はしばらく
話が少々重い ので、スキップされる方は
こちら#skip ) をクリックしてください。 (100行ほどスキップします。)
 −−−−−
 
 
 
−−−−−−−−−−−−
ameblo 一部未公開
2013年7月14日 19:30

風の谷 / 作ってはいけないもの
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−
風の谷
 
湖も川も人間毒水にしてしまったのを、
腐海の木々が綺麗にしてくれているのよ。
 
 ・ ・ ・ ・ ・
 
あんたはを使う。
そりゃ〜わしらもちょびっと使うがの。
多すぎる火は何も生みはせん。
は森を一日で灰にする。
水と風は百年かけて森を育てるんじゃ。
 
              出典:映画「風の谷のナウシカ」より
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
作ってはいけないもの
 
どんな凶悪な化学物質だって無害にできるよ。
この高温のマグマに勝てるものは無いんだ。
だけどあいつだけは駄目だよ。
100万度の高温にだってびくともしないんだ。
 
...むかしはたくさんあったけど、45億年かけて
やっとこの凶悪な物質を無害なものにしたんだよ。
 
 
君たちの科学技術をもってすれば、作るのは簡単だよ。
5年もあれば100トンだって作れるよ。
でも消し去るには100万年かかるんだよ。
 
 
どんな有害な化学物質だって無害にできるよ。
強力な酸化剤と一緒に、ここに埋めておいてくれれば、
分解しておくよ。
だけどあいつだけは駄目なんだ。
どんな物質も効き目が無いんだ。
そして厚さ10メートルのコンクリートで囲っても、
やがては亀裂が入ってすこしずつ出てくるんだ。
 
...むかしはそこらじゅうにあったけど、45億年かけて
やっとこの有害な物質を無害なものにしたんだよ。
 
 
20億年前、アフリカのガボンに天然原子炉を作ったよ。
あの凶悪物質は、昔はもっともっとたくさんあったんだ。
でも今は大丈夫、時をかけて無害なものにしておいたよ。
 
 
作ったらずっと、夜も寝ないで見張っていないとだめだよ。
でないと炉心もコンクリート壁も突き破って、
どんどん地中に海に逃げていくんだ。
元に戻すには100万年かかるんだよ。
 
 
30年に3回、もう失敗しない?
他の国も?
他の国でも、たくさんあったよね。
百年後も? 千年後も?
 
・ ・ ・ ・ ・
 
あなたたちは百年しか生きられない。
だから百年しか責任を持たない。
あなたたちの作ったものは千年後も残っている。
でも千年後の人なんて知らないのでしょう?
ましてや1万年後の人なんて、あなたたちには何の関係も無い。
でも、私はあなたたちの子孫を見守り続ける
 
作り続けるかどうかは、今のあなたたちの責任ある選択
千年、万年、10万年先も責任が持てるのですか?
100万年先も、凶悪物質は残っているのですよ。
それをどこに埋めたのか、覚えている人はいるのですか?
そんなものは作ってはいけない
 
 
あの凶悪な物質は、腐海もきれいにはしてくれない。
やがては時が解決する?
いや、時しか解決できない
解決してくれるのは、
ただただ想像するだけでも気の遠くなるような、
長い長い年月だけ
 
 
私は、たとえ生物が死に絶えても、
100万年をかけて、黙って凶悪物質を無害にし続けましょう。
また、私の胎内に新しい生物を生みだす時のために。
 
 
あなたたちにできる唯一の策は、
そんなものを作らないこと。
 
−−−−−−−−−−−−−−−
 
    〜
不思議な色の世界
      色
水マジッ
       管

        ■ 
        ◆ 
        ◆ 
        ■ 

    http://iromizu.com/
 
  
  
  
−−−−−−− blog Page 3 −−−−−−−−
  
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 −−−−−
 ここから先はしばらく
話が少々重い ので、スキップされる方は
こちら#skip ) をクリックしてください。 (70行ほどスキップします。)
 −−−−−
  
  
  
作ってはいけないもの
 
放射性物質は、人類が作るという意志さえあればどんどん増殖させられます。
しかし、これを消滅させられるのは長い長い時間だけ。
作った後は、私( 地球 )の中に住んでいるあらゆる生物に害を与えるだけ。
地球は誕生してから45億年の間、これを無害にし続け、生物の住める環境を作ってきた。
今は自然界には存在しない、こんな凶悪な物質を作り出してはいけない。
 
 
 
人工的に作られる放射性元素の中で、最も半減期が長い割には危険度が高いものは
プルトニウム( 239Pu )でしょう。 自然界にたくさんあるウラニウム238( 238U )から
高速増殖炉や軽水炉のプルサーマル方式で作られます。 また通常の軽水炉でも、ウラン238
はウラン燃料の中に含まれており、運転の過程でプルトニウム239が生成しています。

元素自体が人体への有害性が高く(半数致死量13mg、吸入)、半減期2万4千年の放射性
を帯びています。(放射線による半数致死量 0.26mg、吸入) 
プルトニウムの崩壊はα崩壊で、この放射線はヘリウムの原子核という(広義の)重粒子線ですから、
内部被ばくした場合には、細胞への打撃が大きい。 これが放射線による半数致死量が少ない主な
原因です。 似たようなα崩壊をする物質には、過去に要人の暗殺に使われたとされるポロニウム
210があります。 (半減期138日なので、プルトニウム239とは比較にならないくらい強力な放射性)
 
プルトニウムは、原発利用目的では、トンの単位で炉内に作られますが、この半減期は2万4千年、
これだけの年月が経っても1/2にしかなりません。 10万年でようやく1/16、30万年で1/4千、
50万年で1/100万、 100万年で1/1兆です。 
1トンのプルトニウムは50万年かかってようやく 1g になります。
福島では、第一原発3号機で、プルトニウムを生成する燃料(MOX燃料)が、年間94トンの燃料
のうち30%程度投入されていました。
 
 
また、ウラン235 ( 235U )の核分裂反応では、ヨウ素129 ( 129I )が生成されますが、この
半減期は1570万年です。 放射性の強さは低いですが、このヨウ素129は1600万年経っても
半分、3200万年で1/4、 9600万年経っても1/64にしか減りません。
1トンのヨウ素129は1億年経っても15kgほど残っていることになります。
ヨウ素129のやっかいなところは生物濃縮で、海に流出すればワカメやコンブなどの海藻に
取り込まれます。 これをヒトが食べると、(原発事故直後に問題となったヨウ素131と同じ)甲状腺
への濃縮が起きます。 ヨウ素129の崩壊はβ崩壊で、体外に存在しているときはβ線の飛距離
も短く、皮膚付近で止まる為大した害はありませんが、内部に取り込まれれば細胞が直接打撃を
受けることになります。
少しだけ安心材料は、ヨウ素129の放射性強度が弱いことで、ヨウ素129は 6.5 MBq/g、 これに
対し、原発事故直後に問題となったヨウ素131は 4600TBq/g、 この放射能の強さの比は桁で言えば
10億倍となります。 10億倍の量が蓄積して同等のレベルになります。 しかし、今は消失して問題
の無くなったヨウ素131と、すこしずつでも蓄積して体外へ排出されるまで内部被ばく源となり、生物
濃縮で循環して人体に戻る可能性があり、1600万年経っても残っているヨウ素129、千年先、1万年
先の人類のことも考えたとき、この潜在的な危険性をどのように評価されますか?

 
 
天然原子炉は約20億年前、ウラン235 ( 235U )の量がまだ多かった頃、持続的な核分裂反応
に必要な4%程度の濃度と、中性子減速剤である水が適切な状態で存在していたために、自然
に発生したと考えられています。
通常はウラン235はウラン全体の0.720%が算出しますが、このガボン共和国 オクロで発見
された天然原子炉のウラン235の割合は、0.717%、この無視できない差の原因を調べた結果、
20億年前にこのウラン鉱床で、現在と同じ軽水炉の原理による原子核反応が起き、60万年に
わたって稼動し、ウラン235の濃度ガ低下したものと推定されています。
ウラン235の半減期は約7億年ですから、20億年経った現在では、その時の約1/8になります。
 
 
原子炉の重大事故は、日本では福島第一原発が最悪ですが、過去に東海村でウラン溶解槽タンクを
小型原子炉にしてしまったという事故も起きています。 臨界状態は20時間継続し、このときウラン溶液
を混合した作業員(中性子被ばくで後に死亡)は、その時ステンレス製タンクの中にチェレンコフ光を
見たと証言しています。

 
ナトリウム漏れ(約640kg)による火災を起こしたもんじゅの事故(1995年)もありますが、これはもっと
本格的な稼働中に起きていれば、ある意味で福島よりも深刻な事態に陥った可能性があります。
溶融金属ナトリウムが炉心の冷却に使われていますが、これが事故によって冷却できなくなると、最後の
頼みの綱である「水」を注入することすらできません。 溶融した金属ナトリウムは、酸素と触れれば発火
し、水をかければ水素を発生して燃焼し、漏れ出た水素によって、福島と同じ水素爆発を起こす危険性も
あります。 更に深刻なのは、この高速増殖炉というのは、人体に化学物質としても、放射性物質としても
極めて有害で、2万4千年経っても半分にしかならないプルトニウムを増産する目的で運転している炉
であるということです。
 
世界を見ても、アメリカ(1979年)、 旧ソビエト連邦( 1986年)、日本(2011年)と、30年の間に3回も
重大事故が起きています。 イギリス、 フランス、 スイス、 カナダでも重大な原子炉の事故が起きて
おり、原子力潜水艦でも原子炉の事故が起きています。 この先、日本は教訓を生かして、しばらくは
事故を起こさないでしょうけれど、100年先も大丈夫かは不安が残ります。 更に世界で考えると、原子力
事故は「起きない」と考える方が難しい気がしてきます。 これから原発を導入しようとする国もたくさん
出てくるでしょう。 毎回、事故というのは、「その点には気づかなかった、次はもう起こさない」と言って
教訓を得ていく類のものでもあります。
 
 
放射性物質を作り続ければ、世界中で何らかの事故が起こり続け、次第に環境は放射能で汚染されて
いく一方です。 そして一度拡散した放射能は、少なくともわれわれ現在生きている人々が後始末できる
ような時間の中では、消えることがありません。

 
 
そんなものは作ってはいけない。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−
本ページでは事実としての危険性を訴えていますが、この趣旨はネガティブキャンペーンではありません。
本サイトの趣旨は こちら後書き」 ( http://iromizu.com/atogaki.html ) に記載しています。

−−−−−−−−−−−−−−−
 
 

 
 
−−−−−−−−−−−−
ameblo 一部未公開
2013年7月20日 20:45

色水マジックの演出のコツ(ジュース+ワイン)
 
      

 
 ブーゲンビリアは、ハイビスカスと並んで亜熱帯のリゾート地を
イメージさせる花ですが、日本でも比較的温暖な場所や、霜の
降りない軒下などでは越冬します。 丈夫で、鉢植えでは冬に室内に
取り込めば安心。霜が降りる心配がなくなったら外に出します。
 上の写真は、左: 自宅にて撮影、 右: モナコ水族館にて撮影 (クリック: レ)
 
 夏の盛りに咲くというイメージもありますが、関東近郊では意外に
早く、5月下旬くらいから色づき始め、6月の下旬くらいまでの長期間
花の色が楽しめます。
 花と呼んでいる色鮮やかな部分は実は「がく」で、本当の花は「がく」
の中から伸びた小さな黄色の筒状の部分です。 (写真の 先端が花の
形をしている黄色いところ。) この花の方は咲くと2〜3日でしぼみます。
 がくの部分は、花が咲く前から色鮮やかで、咲き終わってもしばらく
色が残っていますので、花時は1か月以上と非常に長くなります。
 
 この花の工夫は、花自体が目立たないので、本来はそれを支える
役割をしている「がく」を色鮮やかに進化させて目立たせていることです。
 この写真(左)は比較的珍しい赤色の品種ですが、こうした色とりどりの
色がきれいに見えることを知っていて、花自体は派手にできないので、
その代わりに「がく」に色を付けるようにした という点が不思議です。
 また、緑色をした「通常の大きな花」というのは非常に珍しいですが、
葉と同じ緑色ではあまりきれいに見えないことを知っているのでしょうか。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
ブーゲンビリアの木の下で 僕はあのこを探すけど
月の光にじゃまされて あのこのカケラはみつからない
               
出典: たま「さよなら人類」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 
 むかしヒットした、一風変わった異色の曲ですが、こんな歌詞の中にも
ブーゲンビリアが登場していました。 歌詞を聞いていると、う〜ん、と
考えさせられてしまいます。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
色水マジック演出のコツ
(ジュースで乾杯! と 突然ワイン の組み合わせ)
 
 3回ほど前のブログに、
7.更に
  
マジック「突然ワイン」と、この「ジュースで乾杯! ミラクルセット」を

  組み合わせると、さらに複雑で不思議なことができるようになります。
と記載しましたので、その続きを以下に記載します。
 
 うまく演出するコツについて記載していますので、3回前の「2013年7月
7日 色水マジックの演出のコツ(間も大事)
の続きとして見てください。

 まずは動画から。
 

 
 最初に緑→青の色変化が起こっていますが、これは「ジュースで乾杯!」の
マジックとあまり変わらないように見えます。
 次の「突然ワイン」との組み合わせがポイントです。 ジュースとワインの両方
をお持ちの方は、どこでタネが仕込まれたか お分かりになりましたでしょうか。
 続く演出でも、いろいろな色が出てきています。 全部で以下の5種類の色
が出現しては 消えていきます。
 
    
 
   
 

 
 時間の関係で、動画ではご覧いただいていませんが、「ジュースで乾杯!」
のマジックですので、上の紫も、もちろん一連の途中で出すことができます。
 
 
 ← 上よりも、もう少し赤みのあるこんな感じです。 カメラのWBの影響です。 
 
 ジュースで乾杯ミラクルセットを使っていますから、もちろん以下のような
2色パターンを作ることもできます。 (良く見ると、境界面で虹の7色が見えて
いるかと思います。)
 

 
 
  「ジュースで乾杯! ミラクルセット」は こちら
  ( http://iromizu.com/juice1_miracle_set.html )です。
 
 「突然ワイン」は こちら
  ( http://iromizu.com/wine1.html ) です。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

炎色反応(アルコールランプの炎を直接色付け)
 
 アルコールランプの炎の色付けは、芯に含まれる不純物の影響などで、
違う色が混じってしまったりして、少し難しいものがあります。
 
 この演出にチャレンジされる方は、
 こちら http://iromizu.com/flame_reaction_alcohol_lamp.html ) を
ご参考にされて、是非どうぞお試しください。
 
 リチウム(Li)           ホウ素(B)
   
 
 セシウム(Cs)
放射性でない     ナトリウム(Na) 
  
 
 
 炎色反応で使うような類の単純な火は、大量に使ってもせいぜい
温暖化の問題にはなりますが、大量排出を止めれば、植物が、藻類が
海自身が吸収して、短時間に元の状態に戻してもらえます。
 
 
          
 
 
 新しい種類の火も、「ちょびっと」はガン治療などの医療や、研究用と
して有用ですが、結局は使い捨てとなる大量エネルギーの産出や、
ましてや破壊準備用途に作り、始末に困る類の新種の灰を量産するのは
いかがなものかと。
 
 明日 '13.7.21(日)は、日本で今後の方針を決める大きな行事があり
ますが、
どこの党を応援しているという訳ではないですが、日本の総意としてどういう点を
重視した結果が出るか、ちょっと注目して見ていこうかと思っています。 
 
百年後の社会の教科書より引用
「2010年代に大きな見直しをする契機があった。 しかし経済を最優先
する社会の仕組みであったため、大量の新種の灰は継続して作られた。
現在、世界各地に点在する広域立ち入り禁止地区には、この灰が埋め
られている。」

 先生; ...しかも、悪用目的で遠隔操作ロボットが盗みに来るので、夜も寝ないで見張っています。...

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
今日人類がはじめて木星についたよ
ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ
               
出典: たま「さよなら人類」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 
 
  さて、これまでに炎色反応は何回か取りあげていますが、ご覧になられた
方は、ここで以下の炎の色は それぞれどの元素で付けられているか、分かる
ようになりましたでしょうか?
 
 
   
 
    
 
    
 
 分からなかった方は、是非、
 こちら http://iromizu.com/flame1_set.html基礎編  または
 こちら http://iromizu.com/flame1.html )    応用編
 
 をご参照されて、この夏の花火の炎色反応が、どの元素で何色を付けて
いるのか、雑学として見分けられるようにしておきたいものですね。
 
 花火の色を、炎で再現させてみたいという方も、上記の基礎編ページから
是非どうぞ。
           上の写真の答え: 左上から順に Li、Rb、B、Cs、Na、Sr、Ca、K、In
 
 
   
 
 
         −−−−−−−−−−−−
 

                 思議!きれい、やってみたい
           思
ってもらえるようなもの
            い
つも心がけています
             〜
不思議な色の世界
               色
水マジッ
                管

                 ■ 
                 ◆ 
                 ◆ 
                 ■ 

             http://iromizu.com/
 
 
 
 
−−−−−−−−−−
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。
ペタしてね
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2013年7月5日 23:30

このスクリプトの実行を中止しますか? のエラー対処法 (臨時番外編)

対処法(当方は以下で解決しました。)
’13.7.8 23:55 この現象は末尾に記載のとおり、Amebaは解消したようです。

 
インタネットエクスプローラの場合

(↓要するにアクティブスクリプトを無効にする)
 
ツール > インターネットオプション
     > セキュリティタブ
     > カスタム レベルのカスタマイズ
     > (たくさん並んでいるが 真ん中あたりの)
       スクリプト の2番目 アクティブスクリプト
     > 変更: 有効にする → 無効にする
     > ok
     > このゾーンの設定を変更しますか > ok
     > 適用
     > ok  これで当方は解消しました。

 
但し、記事の投稿などの場合は表示が乱れたり、HTMLタグが

そのまま表示されたりしますので、適宜「アクティブスクリプト」を
有効にしたり変更してみてください。
記事を書くときは有効にしてもスクリプトのエラーメッセージは

出ないようです。
 
また、この現象はFireFoxやGoogle Chromeでは見られませんでした。
古いIEに特有のようですので、Ameblo の記事参照には他のブラウザ
を使う/この無効設定はせず IEは記事編集専用にするなど、使い分け
られるのも一つの方法です。
(IEの新しいバージョンは戻るボタンでページ先頭に飛ぶ現象が
あり、IE6にしている方もいらっしゃるかと思いますが、この古い
バージョンに特有のものかもしれません。
この詳細http://iromizu.com/FAQ.html#8-0 に記載しています。)

 
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
現象詳細: しばらくPCが反応しなくなり、待たされた後以下の

        表示が出る。
 
このスクリプトの実行を中止しますか?
このページのスクリプトが、Internet Explorerの実行速度を

遅くしています。 スクリプトを実行し続けると、コンピューター
が応答しなくなる可能性があります。
 
( IE8 のメッセージ: このページのスクリプトが、Internet Explorer の実行速度を
遅くしています。スクリプトを実行し続けると、コンピューターが反応しなくなる可能性
があります。スクリプトを中断しますか? )
 
原因:ページ表示コントロールの何らかの無限ループ

    または非常に長い時間を要するスクリプトの実行
 
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
コメント
この現象でお困りの方はお試しください。

ペタ帳の表示などが乱れたりしますが、表示応答は今までよりも
相当に速くなります。
 
他の方の参考にもなりますので、解消したらコメント欄に何か

残していただければ幸いです。
当方少々困っていましたので、臨時掲載しました。
 
 
'13.7.5 iromizu.com 管理人
http://iromizu.com/index.html



 −−−−−−−−−−−
 ’13.7.8 23:55 追記
 以下の Ameba 公式レポートがあったように、Facebookの「いいね」ボタンが、
スクリプトの完了しない原因だったようです。
 Ameba はこれで大丈夫でしょうけれど、他にも「いいね」ボタンがあるサイトは
ご用心です。 (数十秒の間 PC画面が動かない状態になります。) yahooのいく
つかの記事もそうでしたし、他にも”PCが固まる”サイトがあったように思います。
 こうした無限ループはスクリプトの設計ミス、コーディング ミスによって他の
プログラムにもあり得ることですので、事例を覚えておくと役に立ちそうです。

(IEだけで、FireFoxやGoogle Chromeに出なかった原因がどうも分かりませんが。)

以下 Amebaさん から引用。

2013年07月08日 20時03分55秒NEW ! staffの投稿 
テーマ:
いつもAmebaをご利用頂きまして、ありがとうございます。

パソコン版ブログにおきまして、一部のお客様の表示が遅くなる現象が7月5日ごろから発生しております。
この現象を回避するため、Facebookいいね!ボタンを一時的に非表示とさせていただいております。

※機能再開の日程については、現在未定となっております。
恐れ入りますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

ご不便をおかけし、申し訳ございません。
今後とも、Amebaをよろしくお願いいたします。 
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2013年8月1日 23:30
excel vlookupのエラー対処法(番外編)
 
 こんなexcelエラーに遭遇したことありませんか?
 
excelをあまり使わない方、すいません、 後半は一般的な話です。
 
(1)
表にコピペで入れたデータが、そのままだとvlookupの検索に引っ掛からない
#N/Aのエラーになる。)
そのデータセルを1行ずつ選択し、値を再度エンターで入力すると、vlookupに
引っ掛かる
これで一致が取れることが分かったが、データ数が膨大なため、全部エンターする
などとてもできない。 どうすれば、一括で同じ操作(セル値の認識)をさせられるか。

(2)
データをコピペすると、そのデータを元にした計算式(加算や乗算など)結果がエラー
になる。(#valueのエラーになる。)
該当するデータセルを1行ずつ選択し、値を再度エンターを押すと、計算結果が
正常に求められる
これで計算ができることが分かったが、データ数が膨大なため、全部エンターする
などとてもできない。 どうすれば、一括で同じ操作(セル値の認識)をさせられるか。
 
 
−−−−−−−−−−

 この類のエラーは、あれこれやってなんとかなったりするのですが、その場を
しのぐと、どうやって対処したか分からなくなり、めったに遭遇しないエラーのため、
また後日遭遇したときには、また同じことの繰り返しというパターンが多いです。
その度に多くの時間を費やします。 (私自身の場合ですが。)
 
 
定型の対処法(以下で一括処理でき解決します。 今度こそ忘れないようメモ。)
 
(1)の対処
 1. まず、元のファイルに戻せるよう別名でバックアップ。
 2. 該当セルが文字/数値どちらの表示形式で検索されているか調べる。
 3. 該当セルで、 書式 > セル > 表示形式
 4. 標準、数値など、数値系のデータの場合は、
    4−1. どこか空いているセルに数値の1を入れる。
    4−2. そのセルをコピーする。
    4−3. 元データの該当部分を選択し、形式を選択して貼り付けをする。
         その際、「値」と「乗算」を選ぶと、1が掛け算されて数値は変わらず、
         エンターが打たれたと同じ状態になり、検索に掛かるようになります。
 5. 文字列になっている場合は、
    5−1. データ区切り位置のウィザードで、文字列にチェックしてok
         他の項目はデフォルトのままで良い。 これで文字列をエンターした
         のと同じ状態になり、検索に掛かるようになります。
 
(2)の対処
 1. まず、元のファイルに戻せるよう別名でバックアップ。
 2. 該当範囲のセルが数値の形式になっているか調べる。 なっていなければ
    数値に変更する。 (標準か数値のプロパティに変更)
    該当セル位置で 書式 > セル > 表示形式
 3. それでもエラーが残る場合は、対象範囲内にブランクセルが無いか調べ
    ます。 あれば、それが原因です。 ブランクを以下の手順で数値の 0 に変え
    れば正常に計算されるようになります。
    該当セルの位置(範囲選択)で、
    編集 > 置換検索する文字列はブランクのまま(何も入れない)
               置換する文字列 0 (半角数字の 0 を入れます。)
    これでokを押せば、エンターの押されていないブランク数字が、 0 を入れて
    エンターしたのと同じ状態になり、正常に計算されるようになります。
    (ブランク以外のデータが入っているセルは置換されません。)
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 昔は大変だった(ようですが)、...今は別の意味で大変なのです。 
 
 
 青焼き、ガリ版刷り、って言葉を知ってます? 私はその時代には生まれてもいない
ので、聞いた話ですが、
(ウソ)
 ・
青焼き: 感光紙とコピー対象を重ねて青焼き機に入れ紫外線を当てる。
       紙の印字/筆記箇所が紫外線を通さず、感光しないため青い文字の
       コピーが取れる。
 ・
がり版刷り: 蝋を塗った紙を、金属ペンで削って字を書く。
          蝋紙の下に白紙を置き、ローラーでインクを刷り込むと、字を書いた
          部分にインクが染みて、下の白紙に字が転写される。
 
 今ではカラーコピーや、三次元転写コピー機なるものまで登場していますが、
もっと昔は手で転写したり、パピルスに書いたり、石や粘土に字を刻み付けて
いました。 技術が進歩して、あくびをしながら待っていれば、何百枚でもコピー
が取れる便利な時代になりました。

 電子情報のコピーにいたっては、一瞬で何千人にでも情報を届けられるように
なりました。
 ITが進化したおかげで、図書館まで行って膨大な中から探さなくても、検索一発
で必要な情報にすぐに辿り着けるし、いろいろ見て情報の真偽も判別できるように
なりました。 紙の辞書をめくって、なかなか出てこない字を一生懸命引くのも
過去のことになりました。
 
 昔は文章は全て手書きだったようですから、後で1行入れ替えようとすると、
「全部消して書き直す」 または、 「切り取って、入れ替えて、別の紙に貼る」
なんてことも行われていた時代があります。 後者を 「切った貼ったの世界」と
呼ぶ人もいます。 良く映画や時代劇に出てくる世界ではないですが。
 今の電子情報社会では、CTRL-X + CTRL-V や CTRL-C + CTRL-V で
楽々文面の入れ替えができます。 だから、どこからでも書き始められます。
これ、ほんとに楽ですね。
 
 昔はTV広告などとても出せませんでしたが、
今では 〜不思議な色の世界〜 色水マジック も、google等 で一般に
電子広告が出せる時代になりました。 .....
 
 表計算も excel が一瞬で、しかも間違えずにやってくれる時代です。 
 
 
 −−− ところが −−−
 
 会社に勤めてらっしゃる方は、こんなことありませんか?
 
 J−shi: 明日までに、××を調べておいてくれますか?
 で、持っていくと、

 J−shi: それで、結論は何だろう? 要するに、一言でいうと?
 ・・・・・しどろもどろ。  考えがまとまっていない。...
 
 −−−−−−−−−−−
 
 
 要するに、技術やITが進歩して何でも速く処理できるようになっていると思う
大間違いで、調べる(input)と表現する(output)は、昔よりも数百〜数千倍
速くなっているのですが、考える、処理する(process)は人の頭脳ですから、
昔と何も変わっていない。 予備知識量は相当増えているでしょうけれど、
「考えるスピードも上がっていないとできないような要求」が、最近は多くなって
いて、会社内や会社間でのお話は大変だなと思っています。
 私も、重要なものや、重大な決定は、その場で結論できても、直ぐにはリリース
しないで、一度そのまま家に帰り、”帰り/行き”の電車で ぼやっと考えていると、
別の観点から少し修正したりできて、幸いだったというようなことがあります。
 考えは少しゆとりを持って、別の観点や、脳の深層からのoutputを取り込んで
からまとめるようにすると、見落としが減らせるのではないかと思います。
 
 昔は調べながら考えていたし、書きながら考えていました。 調べる/書くのに
多大な時間が必要だったため、「今日調べて、明日までにoutput」なんてことは
無かったでしょうし、あったとしても、それは本当に「調べた生の情報」を元に、
みんなでワイワイ・ガヤガヤやっていた訳です。
 
 ITを含む技術が進化して、便利になりましたが、それとは逆に精神を病んで
しまう人も増えてしまっているのは、そうした技術の進歩人の脳(能力)
追いついていないことも一つの要因なのではないかと思います。
 
 入手できる情報量も爆発的に増えていっていますが、結局それをinputして
考えるのは人の脳ですから、処理速度には限界がある。 考えたことをoutput
するのも同じです。 in/out のツールは猛烈に速くなっていますが、in/out その
合間を使って(あくびをしながら)考えていた、その時間まで短縮しようとすると、
いろいろ弊害が出てきてしまうのではないでしょうかね。
 
 
 以上、excel のvlookup エラー対処法について、 から派生した雑談です。
 
 −−−−−−−−−−−
 
 で、またあっちの話にいくんじゃないでしょうね?
 .....
 
 
 人の脳が処理するスピードは、どうやっても「生物」ですから、それほど劇的に
速くはならないでしょう。
 
 しかし、脳が思考する、 その「深さ」は物事に対する興味や、面白いと感じる
ココロがあれば、飛躍的に深めることができます。 
 そういう意味で、私は「遊び心」はとても大事だと思っています。
 
 特に幼稚園生〜中学生、高校生くらいまでの、分野を限定せずにどんどん学び、
吸収していく時期のお子さんにとっては、面白いと思うもの、不思議と感じるもの、
きれいだと感じるものに触れて、興味を持ち、面白いと思って、これが学ぶこと
へのきっかけ
になれば、これほど良い「学ぶことへの動機づけ」は無いのでは
と思っています。
 
 この辺の趣旨は、ホームページの 「後書き」 ( http://iromizu.com/atogaki.html
詳細を記載しています。
 
 −−−−−−−−−−−
 夏の花火の余興、色付けの予備知識には、炎色反応
 
             
 
   炎色反応基礎編 http://iromizu.com/flame1_set.html
   炎色反応応用編http://iromizu.com/flame1.html
 
 
 
 −−−−−−−−−−−
 不思議できれいな色水マジックは 非常に多種揃えています。
 以下は基本形の2種です。
       
 
     
        ジュースで乾杯!          突然ワイン
 
   色水マジック/実験各種は こちらhttp://iromizu.com/index.html
 
   きれいなパッケージ版は こちらhttp://iromizu.com/shop11_dash.html
 
   他、マジック/実験各種は こちら http://iromizu.com/more1.html ) も
   手品、実験をもっと見る(レ: クリック)
 
 
 
 −−−−−−−−−−−
 で、やっぱりオチはそこかい。
 
 ...最後のまとめが何か必要なもんで。...
 まあ、最後のまとめのご挨拶と思っていただければ (^^)゛ 
 
 
 −−−−−−−−−−−
 次回予定は、夏休みの宿題ネタにもなる 「残留塩素検出実験セット」
と、水質の実験についてです。
  「残留塩素検出実験セット」は、色水マジックへの応用も可能です。
 
          
 
        −−−−−−−−−−−− 
         理科、科学への興味には
 色水マジック/実験セットをご家庭に一つ是非どうぞ。
 
  小学生も中学生も、高校生も予備校生も、大学生も
 幼稚園の先生も、学校の先生も、お父さんもお母さんも
 明るく、興味を持たせる話題を作って、みんな頑張れ!
     
応援してます。...ネタ作り私も頑張ります。 
 
        −−−−−−−−−−−−
 

                 思議!きれい、やってみたい
           思
ってもらえるようなもの
            い
つも心がけています
             〜
不思議な色の世界
               色
水マジッ
                管

                 ■ 
                 ◆ 
                 ◆ 
                 ■ 
             http://iromizu.com/
 
 
 
 
−−−−−−−−−−
見に伺いますので、
ご覧になられましたら是非ペタしていってくださいね。
 
ペタしてね
 
 
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 




 手品、実験をもっと見る(レ: クリック)
 他にもいろいろな色と変化が見られます。
 
           


−−−−−−−−−−−−

 以上のお求め方法は、
 「手品をお分けしています」のコーナー
 http://iromizu.com/shop1.html  をご参照ください。

 または「フリーフォーマットメールによるご要求
  ( http://iromizu.com/order-freeformat.html )から。

 費用等はこちら ( http://iromizu.com/shop1.html )をご参照ください。


−−−−−

本サイトは、
科学
の手品、
にあふれた
・さまざまな
といった 「」や「科学」に関係したことがら、に関係したことがらを主テーマとし、ここから関連して、
・香りに優れた色々
の香りの科学
・採集コレクション
彩豊富な 「美しい南フランス」
・高分子の科学科学であそぼう「ペットボトルロケット」
など、いろいろを紹介しています。 是非、本ページのホーム「〜不思議な色の世界〜」をチェック
して、他のページもご覧ください。 (各ページの「HOME」マークもホームにリンクしています。)
 今後も記事を追加していく予定です。 是非お気に入りに登録を。

 ご意見、ご感想などございましたら、是非 enq@iromizu.com までお寄せください。 お待ちしております。

                       (↑ジャンクメール防止のため@を全角にしています。)


 
                   sample (1.色水マジック、 2.科学で遊ぼう より) 
                  
1−85N 不思議な水   不思議な水(5色セット)より    1−60K ミラクルカクテル(色変わりえのぐとの組み合わせ例)

                           2. 科学であそぼう の目次へ

                  
1−2m パステルジュース   1−2m パステルジュース         1−50J 突然ワイン(カラフル)



ノッピーの採集貝コレクション Part-1へ              タネから咲かせた花色々 Part-1へ
        〃         Part-2へ              タネから咲かせた花色々 Part-2へ
        〃         Part-3(1/2)へ           香りに優れた花色々 へ
↑和歌山県の採集貝がたくさん掲載されています。       美しい南フランスの風景へ ('05.7.19 NEW)
ノッピーの採集貝コレクション Part-3(2/2)へ           
↑和歌山県の採集貝(続き) '06.8.15 NEW           2d.花の香りの正体へ ('06.5.28 NEW)
                                      花の香り お分けします。都合により休止中)

種まきおじさんの衝動貝コレクション                
  〃 Part-1(形の良い貝、大きな貝)へ 
  〃 Part-2(色の美しいひおうぎ貝)へ 
  〃 Part-3(ひおうぎ貝の魅力)へ   




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 
 blogの続きはこちらhttp://iromizu.com/bloglla.html )
 
                  ブログ  
 
 Page          10
  
       このページは  です。 
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

 21 22 23 24 25 26

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 




                                       

                           


             Copyright (C) 2013  http://iromizu.com, all rights reserved.