色水マジックをうまく演出するコツ

         本ページの色水マジックをうまく演出するコツについては、具体的な例として
         「ジュースで乾杯! ミラクルセット」を使って記載していますので、まず こちら
          ( http://iromizu.com/bloglll.html#demo ) の方を是非ご参照ください。


       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       最初は当たり前のようなこともやって見せて、だんだんマジックの一部を見せていき、
       お客さんがタネを推理していくように持っていきます。
       タネの見当が付き始めたところで、これをひっくり返すようなものを出し、推理を混乱
       させましょう。

       本ページでご紹介しているものは、ページ表示の都合があって、重くならないよう
       一連のマジックのクライマックス部分だけを掲載していますので、実際に演出する際は
       急いでここへ行ってしまわないで、当たり前のものや、ごく簡単なもの、推理を混乱
       させるようなポイントになるものを置きながら、徐々に不思議さを演出していきましょう。

       マジックは、口上や間の取り方も重要ですので、マジックのテーマになるようなもの
       (ジュース各種、果物各種、カクテル、ワイン、ウイスキー、ブランデーなど)の作り方や
       おいしい味わい方などの話題を取り混ぜて、ゆっくりと進めましょう


        
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これまでに見せていただいたTVの撮影や、プロのマジシャンの方の演出で学ばせていただいた、(この類の演出をするときの一般的な手品を見せるときのコツを以下に列記します。

 演出をするときのご参考にしてください。



   
手品を見せるときのコツ: 下方にも3点ほどリストしています。)

   
(1) 本番は観客から良く見えるよう、大きなグラス(容器)にたくさん入れる。
      これができないときは、小さなグラスでよいが入れ物に7分目くらい、多めに入れる。

     
(「突然ワイン」は演出の都合で3〜4分目くらいまでしか入れられませんが、少なくても不自然でないワイングラスや
        ブランデーグラス、チューリップグラスのような底が広くなっている形状のものを使う。)


   
(2) グラスに強い照明を当てて、色が引き立つようにする。

   
(3) 背景に白いもの白い服でもよい)を置いて、色が良く見えるようにする。


 なお、当ページ本編個別の「マジックをうまく演出するコツ」はパスワードページ内にあります。 手品をお求めになった方は、同封の取説に記載されているパスワードを使って、こちらのリンクからお入りください。

 −−−−−−−−−−

 本ページ「9+節」の「ご縁をいただいた著名人のご紹介」では、TVなどで「一般の方に顔が知られている人」のうち、当ページにご縁のあった方々を紹介しています。
 また、これまでに、他に一般の方の演出も何人か見せていただいています。 そこで学ばせていただいた「
手品をうまく演出するコツ」のうち、こうした類のマジック全般に共通的な部分を、その時の感想などと共に、以下にご紹介していきたいと思います。

 (ご縁をいただいた方のうち、コメントなどをくださった方には返信をしています。 このとき、その演出や公開ステージを見に来ても良いとおっしゃってくださる方は、時間と場所の都合が合えば伺って、その演出を参考にさせていただいています。) 



[1] 2012年10月27日(土) 文化祭
 
 この日は、秋晴れの爽やかな風が吹く、穏やかな一日でした。
 東京都区内で行われたある文化祭 (社会人主催のイベント) の科学マジック演出を見せていただきました。
 観客は35人前後、来客同士知り合いの方が多いようでした。 同窓会のような雰囲気で、来客の皆さんがなごやかに談笑されている中、マジックが始まりました。
 筆者も全く初めて見る種類のマジックがあり、何が起こるのか楽しみにして、集中して見せていただきました。

 見学させていただいて感じたのですが、科学マジックの良い所は、
・錯覚やトリックではなく、現実に起きている現象だということで、
 まず準備の小道具が並べられていく間、何が起こるのかとワクワクしますね。
 また、
・現象が目の当りで起きたときの不思議感、
・どうしてこういう現象が起きたのかを推測していく面白さ、楽しさ、
・現象のわけが分かったときの演出者の工夫への感心 (「なるほど、うまくやっているな」というあれです。)
・現象が分からないときの「もやもや感」、もどかしい思い、
・タネが分かる/分からない に関わらず、「こんな現象や、手品利用があるのか」という新たな発見気づき
 こんなこともあって、筆者も科学マジックの本をいろいろ読んだり、演出を見せていただいたりしています。
    
 さて、今日の演出で学ばせていただいた、一般的に(科学系に限らず、多数の方々の前で)マジックを演出するときのコツですが、

(4)動作はできるだけゆっくり落ち着いて、何をやっているか観客にしっかり見せるよう努める。
    (演出内容が分かりにくくなるので、慌てたり、速い動作を取らないこと)

(5) マジックには、「次に何が起こるのか連想させるような名前」を付けて、紙などに書いて掲示するとよい。

(6) バックミュージックがあると演出効果を高める。
   これはマジックのテーマに関係するような歌詞が含まれていると なお良い。

 今日見せていただいた方は、こうした点の配慮をされていて、とてもうまく演出されていました。
 上記のような点に注意すると良い、ということに気づかせていただいた次第です。

 とても面白く見学させていただきました。 ありがとうございます。










                              

                Copyright (C) 2012  http://iromizu.com, all rights reserved.

手品を  うまく演出するコツ(II)